arXiv reaDer
統一されたスタイルの転送
Unified Style Transfer
現在、スタイルの混沌とした定義と、スタイル転送の研究で合意された客観的な検証方法がないため、異なるスタイル転送アルゴリズムを比較および評価することは困難です。この論文では、新しいアプローチである統一スタイル転送(UST)モデルを提案します。内部スタイル表現の生成モデルの導入により、USTは2つのアプローチ、つまりドメインベースと画像ベースで同時に画像を転送できます。同時に、伝達モデルを評価するための人間の芸術感覚とスタイル分布に基づく新しい哲学が提示され、実証されます。これは統計的スタイル分析と呼ばれます。これは、内部スタイル表現とアートファクトの間の一般的な一貫性を検証することにより、スタイル転送モデルの実現可能性を検証するための新しいパスを提供します。さらに、AdaIN機能の並進不変性についても説明します。
Currently, it is hard to compare and evaluate different style transfer algorithms due to chaotic definitions of style and the absence of agreed objective validation methods in the study of style transfer. In this paper, a novel approach, the Unified Style Transfer (UST) model, is proposed. With the introduction of a generative model for internal style representation, UST can transfer images in two approaches, i.e., Domain-based and Image-based, simultaneously. At the same time, a new philosophy based on the human sense of art and style distributions for evaluating the transfer model is presented and demonstrated, called Statistical Style Analysis. It provides a new path to validate style transfer models' feasibility by validating the general consistency between internal style representation and art facts. Besides, the translation-invariance of AdaIN features is also discussed.
updated: Wed Oct 20 2021 10:45:38 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Oct 20 2021 10:45:38 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト