arXiv reaDer
LoveDA:ドメイン適応セマンティックセグメンテーションのためのリモートセンシング土地被覆データセット
LoveDA: A Remote Sensing Land-Cover Dataset for Domain Adaptive Semantic Segmentation
ディープラーニングアプローチは、リモートセンシングの高空間分解能(HSR)土地被覆マッピングで有望な結果を示しています。ただし、都市と地方のシーンは完全に異なる地理的景観を示す可能性があり、これらのアルゴリズムの不十分な一般化は、都市レベルまたは全国レベルのマッピングを妨げます。既存のHSR土地被覆データセットのほとんどは、主に意味表現の学習の研究を促進し、それによってモデルの転送可能性を無視します。この論文では、Land-cOVErドメイン適応セマンティックセグメンテーション(LoveDA)データセットを紹介して、セマンティックおよび転送可能な学習を進めます。 LoveDAデータセットには、3つの異なる都市からの166768の注釈付きオブジェクトを含む5987のHSR画像が含まれています。既存のデータセットと比較すると、LoveDAデータセットには2つのドメイン(都市部と農村部)が含まれているため、次の理由でかなりの課題が発生します。1)マルチスケールオブジェクト。 2)複雑なバックグラウンドサンプル。 3)一貫性のないクラス分布。 LoveDAデータセットは、土地被覆セマンティックセグメンテーションと教師なしドメイン適応(UDA)タスクの両方に適しています。したがって、11のセマンティックセグメンテーションメソッドと8つのUDAメソッドでLoveDAデータセットのベンチマークを行いました。これらの課題に対処するために、マルチスケールアーキテクチャと戦略、追加のバックグラウンド監視、および疑似ラベル分析を含むいくつかの探索的研究も実施されました。コードとデータはhttps://github.com/Junjue-Wang/LoveDAで入手できます。
Deep learning approaches have shown promising results in remote sensing high spatial resolution (HSR) land-cover mapping. However, urban and rural scenes can show completely different geographical landscapes, and the inadequate generalizability of these algorithms hinders city-level or national-level mapping. Most of the existing HSR land-cover datasets mainly promote the research of learning semantic representation, thereby ignoring the model transferability. In this paper, we introduce the Land-cOVEr Domain Adaptive semantic segmentation (LoveDA) dataset to advance semantic and transferable learning. The LoveDA dataset contains 5987 HSR images with 166768 annotated objects from three different cities. Compared to the existing datasets, the LoveDA dataset encompasses two domains (urban and rural), which brings considerable challenges due to the: 1) multi-scale objects; 2) complex background samples; and 3) inconsistent class distributions. The LoveDA dataset is suitable for both land-cover semantic segmentation and unsupervised domain adaptation (UDA) tasks. Accordingly, we benchmarked the LoveDA dataset on eleven semantic segmentation methods and eight UDA methods. Some exploratory studies including multi-scale architectures and strategies, additional background supervision, and pseudo-label analysis were also carried out to address these challenges. The code and data are available at https://github.com/Junjue-Wang/LoveDA.
updated: Sun Oct 24 2021 10:58:21 GMT+0000 (UTC)
published: Sun Oct 17 2021 06:12:48 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト