arXiv reaDer
画質評価のための局所的に適応可能な構造とテクスチャの類似性
Locally Adaptive Structure and Texture Similarity for Image Quality Assessment
フルリファレンス画質評価(IQA)の最新の進歩には、深い表現に基づいて構造とテクスチャの類似性を統合することが含まれます。ただし、結果として得られる深部画像構造とテクスチャの類似性(DISTS)メトリックは、自然の写真画像が空間とスケール全体で局所的に構造化およびテクスチャ化されているという事実を無視して、かなりグローバルな品質測定を行います。この論文では、A-DISTSと呼ばれる完全参照IQAの局所適応構造とテクスチャ類似性インデックスについて説明します。具体的には、単一の統計的特徴、つまり分散インデックスに依存して、テクスチャ領域をさまざまなスケールでローカライズします。 (1つのパッチがテクスチャである)推定確率は、ローカル構造とテクスチャ測定値を適応的にプールするために使用されます。結果として得られるA-DISTSは、ローカル画像コンテンツに適合し、教師ありトレーニングのための高価な人間の知覚スコアがありません。 10個のIQAデータベース上の人間データとの相関および単一画像の超解像法の最適化の観点からA-DISTSの利点を示します。
The latest advances in full-reference image quality assessment (IQA) involve unifying structure and texture similarity based on deep representations. The resulting Deep Image Structure and Texture Similarity (DISTS) metric, however, makes rather global quality measurements, ignoring the fact that natural photographic images are locally structured and textured across space and scale. In this paper, we describe a locally adaptive structure and texture similarity index for full-reference IQA, which we term A-DISTS. Specifically, we rely on a single statistical feature, namely the dispersion index, to localize texture regions at different scales. The estimated probability (of one patch being texture) is in turn used to adaptively pool local structure and texture measurements. The resulting A-DISTS is adapted to local image content, and is free of expensive human perceptual scores for supervised training. We demonstrate the advantages of A-DISTS in terms of correlation with human data on ten IQA databases and optimization of single image super-resolution methods.
updated: Sat Oct 16 2021 09:19:56 GMT+0000 (UTC)
published: Sat Oct 16 2021 09:19:56 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト