arXiv reaDer
ワタ生産システムにおける一般的な雑草種のマルチクラス同定に関する深層移動学習の性能評価
Performance Evaluation of Deep Transfer Learning on Multiclass Identification of Common Weed Species in Cotton Production Systems
精密な雑草管理は、個々の雑草に適切な制御戦術を適用する、化学的還元/非化学的ロボット除草技術の使用を通じて、持続可能な作付システムのための有望なソリューションを提供します。したがって、雑草種の正確な識別は、正確で個別の雑草処理を可能にするそのようなシステムにおいて重要な役割を果たします。この論文は、米国南部の綿花生産システムに特有の一般的な雑草を特定するための深層移動学習(DTL)の最初の包括的な評価を行います。 2020年と2021年の畑の季節に綿花畑で、自然光の条件下でさまざまな雑草の成長段階で収集された15の雑草クラスの5187色の画像で構成される雑草識別用の新しいデータセットが作成されました。転移学習を通じて27の最先端の深層学習モデルを評価し、検討対象の雑草識別タスクの広範なベンチマークを確立しました。 DTLは、95%を超えるF1スコアの高い分類精度を達成し、モデル全体で適度に短いトレーニング時間(2.5時間未満)を必要としました。 ResNet101は99.1%の最高のF1スコアを達成しましたが、27モデルのうち14は98.0%を超えるF1スコアを達成しました。ただし、トレーニングサンプルが少ない少数派の雑草クラスでのパフォーマンスは、従来の重み付けされていないクロスエントロピー損失関数でトレーニングされたモデルでは満足のいくものではありませんでした。この問題に対処するために、加重クロスエントロピー損失関数が採用され、少数派の雑草クラスの精度が大幅に向上しました。さらに、深層学習ベースのコサイン類似性メトリックを使用して、雑草クラス間の類似性を分析し、分類の解釈を支援しました。モデルベンチマークのコードと雑草データセットの両方が公開されており、雑草の識別やそれ以降の将来の研究にとって貴重なリソースになると期待されています。
Precision weed management offers a promising solution for sustainable cropping systems through the use of chemical-reduced/non-chemical robotic weeding techniques, which apply suitable control tactics to individual weeds. Therefore, accurate identification of weed species plays a crucial role in such systems to enable precise, individualized weed treatment. This paper makes a first comprehensive evaluation of deep transfer learning (DTL) for identifying common weeds specific to cotton production systems in southern United States. A new dataset for weed identification was created, consisting of 5187 color images of 15 weed classes collected under natural lighting conditions and at varied weed growth stages, in cotton fields during the 2020 and 2021 field seasons. We evaluated 27 state-of-the-art deep learning models through transfer learning and established an extensive benchmark for the considered weed identification task. DTL achieved high classification accuracy of F1 scores exceeding 95%, requiring reasonably short training time (less than 2.5 hours) across models. ResNet101 achieved the best F1-score of 99.1% whereas 14 out of the 27 models achieved F1 scores exceeding 98.0%. However, the performance on minority weed classes with few training samples was less satisfactory for models trained with a conventional, unweighted cross entropy loss function. To address this issue, a weighted cross entropy loss function was adopted, which achieved substantially improved accuracies for minority weed classes. Furthermore, a deep learning-based cosine similarity metrics was employed to analyze the similarity among weed classes, assisting in the interpretation of classifications. Both the codes for model benchmarking and the weed dataset are made publicly available, which expect to be be a valuable resource for future research in weed identification and beyond.
updated: Mon Oct 11 2021 01:51:48 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Oct 11 2021 01:51:48 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト