arXiv reaDer
少数ショット学習のためのタスク適応損失関数を使用したメタ学習
Meta-Learning with Task-Adaptive Loss Function for Few-Shot Learning
数ショットの学習シナリオでは、各タスクで使用できるラベル付きの例が非常に少ない場合に、新しい目に見えない例を一般化して適切に実行することが課題になります。モデルにとらわれないメタ学習(MAML)は、その柔軟性とさまざまな問題への適用性から、代表的な数ショットの学習方法の1つとして人気を博しています。ただし、MAMLとそのバリアントは、多くの場合、より良い一般化を実現するのに役立つ補助損失関数や正則化項のない単純な損失関数に頼っています。問題は、特にタスクが多様で異なる場合、各アプリケーションとタスクが異なる補助損失関数を必要とする可能性があることにあります。アプリケーションとタスクごとに補助損失関数を手動で設計する代わりに、各タスクに適応する損失関数を備えた新しいメタ学習フレームワークを導入します。 Task-Adaptive Loss Function(MeTAL)を使用したメタ学習という名前の提案されたフレームワークは、数ショット分類や数ショット回帰など、さまざまなドメインにわたる有効性と柔軟性を示しています。
In few-shot learning scenarios, the challenge is to generalize and perform well on new unseen examples when only very few labeled examples are available for each task. Model-agnostic meta-learning (MAML) has gained the popularity as one of the representative few-shot learning methods for its flexibility and applicability to diverse problems. However, MAML and its variants often resort to a simple loss function without any auxiliary loss function or regularization terms that can help achieve better generalization. The problem lies in that each application and task may require different auxiliary loss function, especially when tasks are diverse and distinct. Instead of attempting to hand-design an auxiliary loss function for each application and task, we introduce a new meta-learning framework with a loss function that adapts to each task. Our proposed framework, named Meta-Learning with Task-Adaptive Loss Function (MeTAL), demonstrates the effectiveness and the flexibility across various domains, such as few-shot classification and few-shot regression.
updated: Fri Oct 08 2021 06:07:21 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Oct 08 2021 06:07:21 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト