arXiv reaDer
顔認識および難読化システムの公平性
Fairness Properties of Face Recognition and Obfuscation Systems
さまざまな商業および政府部門での自動顔認識の急増は、個人に重大なプライバシーの懸念を引き起こしています。これらのプライバシーの懸念に対処するための最近の一般的なアプローチは、顔認識システムに電力を供給するメトリック埋め込みネットワークに対して回避攻撃を採用することです。顔の難読化システムは、画像に追加されると、知覚できない摂動を生成し、顔認識システムがユーザーを誤認する原因になります。これらのアプローチの鍵は、事前にトレーニングされたメトリック埋め込みネットワークを使用して摂動を生成し、その後、モデルが独自のものである可能性があるオンラインシステムに適用することです。顔認識のコンテキストでは不公平であることが知られているメトリック埋め込みネットワークへの顔の難読化のこの依存性は、人口統計学的な公平性の問題を浮き彫りにします-顔の難読化システムのパフォーマンスに人口統計学的な格差はありますか?この質問に対処するために、深層埋め込みネットワークに依存する最近の顔の難読化システムのパフォーマンスの分析的および経験的調査を実行します。メトリック埋め込みネットワークは人口統計学的に認識されていることがわかります。それらは、人口統計学的属性に基づいて、埋め込みスペースで顔をクラスター化します。この効果は顔の難読化システムにも引き継がれます。マイノリティグループに属する顔は、マジョリティグループに属する顔に比べて有用性が低くなります。たとえば、オンラインのFace ++ APIでの平均的な難読化の成功率の差は、最大20パーセントポイントに達する可能性があります。さらに、一部の人口統計グループでは、同じ人口統計グループに対して異なる人口統計グループに属するターゲットIDを選択すると、平均摂動サイズが最大17%増加します。最後に、これらの現象への洞察を提供するための簡単な分析モデルを提示します。
The proliferation of automated facial recognition in various commercial and government sectors has caused significant privacy concerns for individuals. A recent and popular approach to address these privacy concerns is to employ evasion attacks against the metric embedding networks powering facial recognition systems. Face obfuscation systems generate imperceptible perturbations, when added to an image, cause the facial recognition system to misidentify the user. The key to these approaches is the generation of perturbations using a pre-trained metric embedding network followed by their application to an online system, whose model might be proprietary. This dependence of face obfuscation on metric embedding networks, which are known to be unfair in the context of facial recognition, surfaces the question of demographic fairness -- are there demographic disparities in the performance of face obfuscation systems? To address this question, we perform an analytical and empirical exploration of the performance of recent face obfuscation systems that rely on deep embedding networks. We find that metric embedding networks are demographically aware; they cluster faces in the embedding space based on their demographic attributes. We observe that this effect carries through to the face obfuscation systems: faces belonging to minority groups incur reduced utility compared to those from majority groups. For example, the disparity in average obfuscation success rate on the online Face++ API can reach up to 20 percentage points. Further, for some demographic groups, the average perturbation size increases by up to 17% when choosing a target identity belonging to a different demographic group versus the same demographic group. Finally, we present a simple analytical model to provide insights into these phenomena.
updated: Thu Aug 05 2021 16:18:15 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Aug 05 2021 16:18:15 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト