arXiv reaDer
冠状動脈造影の2つの新しい狭窄検出方法
Two New Stenoses Detection Methods of Coronary Angiograms
冠動脈造影は、冠状動脈性心臓病の診断のための「ゴールドスタンダード」です。現在、冠状動脈狭窄を検出し、冠状動脈造影図でその程度を評価する方法は、主観的であるか、十分に効率的ではありません。冠状動脈造影における2つの血管狭窄検出法が診断を支援するために提案されています。 1つ目は自動方式で、冠状血管全体を自動的にセグメント化し、狭窄にマークを付けることができます。 2つ目は、インタラクティブな方法です。この方法では、ユーザーは特定の血管セグメントの狭窄を検出するための開始点と終了点を指定するだけで済みます。提案された追跡方法は、さまざまな血管構造を持つ血管造影図に対してロバストであることを示しました。自動検出法は、血管の直径を効果的に測定し、さまざまな血管造影図で狭窄をマークすることができます。さらなる調査により、インタラクティブな検出方法の結果が真の狭窄状況を正確に反映できることが証明されています。提案された自動方法とインタラクティブ方法は、さまざまな血管造影図で効果的であり、臨床診療で互いに補完することができます。最初の方法は予備スクリーニングに使用でき、2番目の方法はさらなる定量分析に使用できます。冠状動脈性心臓病の臨床診断のレベルを向上させる可能性があります。
Coronary angiography is the "gold standard" for the diagnosis of coronary heart disease. At present, the methods for detecting coronary artery stenoses and evaluating the degree of it in coronary angiograms are either subjective or not efficient enough. Two vascular stenoses detection methods in coronary angiograms are proposed to assist the diagnosis. The first one is an automatic method, which can automatically segment the entire coronary vessels and mark the stenoses. The second one is an interactive method. With this method, the user only needs to give a start point and an end point to detect the stenoses of a certain vascular segment. We have shown that the proposed tracking methods are robust for angiograms with various vessel structure. The automatic detection method can effectively measure the diameter of the vessel and mark the stenoses in different angiograms. Further investigation proves that the results of interactive detection method can accurately reflect the true stenoses situation. The proposed automatic method and interactive method are effective in various angiograms and can complement each other in clinical practice. The first method can be used for preliminary screening and the second method can be used for further quantitative analysis. It has the potential to improve the level of clinical diagnosis of coronary heart disease.
updated: Tue Aug 03 2021 14:01:58 GMT+0000 (UTC)
published: Tue Aug 03 2021 14:01:58 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト