arXiv reaDer
P分類を使用した疑似ラベル選択による不完全な注釈からの細胞検出
Cell Detection from Imperfect Annotation by Pseudo Label Selection Using P-classification
細胞の検出は、細胞画像解析において不可欠なタスクです。最近の深層学習ベースの検出方法は、非常に有望な結果を達成しています。一般に、これらの方法では、画像全体のセルに徹底的に注釈を付ける必要があります。一部のセルに注釈が付けられていない場合(不完全な注釈)、ラベルのノイズが原因で検出パフォーマンスが大幅に低下します。これは、生物学者との実際のコラボレーションや、公開データセットでさえ発生することがよくあります。私たちの提案する方法は、不完全な注釈付きデータからの細胞検出のための疑似ラベリングアプローチを採用しています。このような欠落したラベル付きデータを使用してトレーニングされた検出畳み込みニューラルネットワーク(CNN)は、多くの場合、過剰検出を生成します。部分的に標識された細胞を陽性サンプルとして扱い、標識された細胞を除いて検出された位置を非標識サンプルとして扱います。次に、最近の機械学習手法を使用して、ラベルのないデータから信頼できる疑似ラベルを選択します。ポジティブおよびラベルなし(PU)学習およびP分類。 5つの異なる条件で顕微鏡画像を使用した実験は、提案された方法の有効性を示しています。
Cell detection is an essential task in cell image analysis. Recent deep learning-based detection methods have achieved very promising results. In general, these methods require exhaustively annotating the cells in an entire image. If some of the cells are not annotated (imperfect annotation), the detection performance significantly degrades due to noisy labels. This often occurs in real collaborations with biologists and even in public data-sets. Our proposed method takes a pseudo labeling approach for cell detection from imperfect annotated data. A detection convolutional neural network (CNN) trained using such missing labeled data often produces over-detection. We treat partially labeled cells as positive samples and the detected positions except for the labeled cell as unlabeled samples. Then we select reliable pseudo labels from unlabeled data using recent machine learning techniques; positive-and-unlabeled (PU) learning and P-classification. Experiments using microscopy images for five different conditions demonstrate the effectiveness of the proposed method.
updated: Tue Jul 20 2021 07:08:05 GMT+0000 (UTC)
published: Tue Jul 20 2021 07:08:05 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト