arXiv reaDer
ビュー学習可能な対照学習による数ショット分類の強化
Boosting few-shot classification with view-learnable contrastive learning
数ショット分類の目標は、各クラス内のラベル付きの例がほとんどない新しいカテゴリを分類することです。現在、数ショットの分類問題を処理する際の優れたパフォーマンスは、メトリックベースのメタ学習方法によって示されています。ただし、以前の方法では、きめの細かいラベルがないと、埋め込みスペースのきめの細かいサブカテゴリを区別することは非常に困難です。これは、きめ細かいサブカテゴリへの不十分な一般化につながる可能性があり、したがってモデルの解釈に影響を与えます。この問題に取り組むために、埋め込み空間の潜在的な細粒度構造を学習するための数ショット分類に対照的な損失を導入します。さらに、ノイズの多い不正確な画像ペア(つまり、ビュー)を生成する際に現在の対照学習で使用されているランダム画像変換の欠点を克服するために、同じ画像の異なるビューを自動的に生成する学習学習アルゴリズムを開発します。標準的な数ショットの学習ベンチマークに関する広範な実験は、私たちの方法の優位性を示しています。
The goal of few-shot classification is to classify new categories with few labeled examples within each class. Nowadays, the excellent performance in handling few-shot classification problems is shown by metric-based meta-learning methods. However, it is very hard for previous methods to discriminate the fine-grained sub-categories in the embedding space without fine-grained labels. This may lead to unsatisfactory generalization to fine-grained subcategories, and thus affects model interpretation. To tackle this problem, we introduce the contrastive loss into few-shot classification for learning latent fine-grained structure in the embedding space. Furthermore, to overcome the drawbacks of random image transformation used in current contrastive learning in producing noisy and inaccurate image pairs (i.e., views), we develop a learning-to-learn algorithm to automatically generate different views of the same image. Extensive experiments on standard few-shot learning benchmarks demonstrate the superiority of our method.
updated: Tue Jul 20 2021 03:13:33 GMT+0000 (UTC)
published: Tue Jul 20 2021 03:13:33 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト