arXiv reaDer
異常検出のための対照的な予測コーディング
Contrastive Predictive Coding for Anomaly Detection
機械学習モデルを実際に展開する場合、異常の信頼性の高い検出は非常に重要ですが、ラベル付けされたデータがないため、依然として困難です。この課題に取り組むために、対照的な学習アプローチは、自己教師あり表現学習環境で達成した印象的な結果を考えると、ますます人気が高まっています。ただし、ほとんどの既存の対照的な異常検出およびセグメンテーションアプローチが画像に適用されていますが、異常検出とセグメンテーションの両方に対照的な損失を直接使用することはできません。この論文では、対照予測コーディングモデル(arXiv:1807.03748)を利用して、このギャップを埋めます。そのパッチごとの対照的な損失が異常スコアとして直接解釈できること、およびこれが異常セグメンテーションマスクの作成をどのように可能にするかを示します。結果として得られるモデルは、困難なMVTec-ADデータセットでの異常検出とセグメンテーションの両方で有望な結果を達成します。
Reliable detection of anomalies is crucial when deploying machine learning models in practice, but remains challenging due to the lack of labeled data. To tackle this challenge, contrastive learning approaches are becoming increasingly popular, given the impressive results they have achieved in self-supervised representation learning settings. However, while most existing contrastive anomaly detection and segmentation approaches have been applied to images, none of them can use the contrastive losses directly for both anomaly detection and segmentation. In this paper, we close this gap by making use of the Contrastive Predictive Coding model (arXiv:1807.03748). We show that its patch-wise contrastive loss can directly be interpreted as an anomaly score, and how this allows for the creation of anomaly segmentation masks. The resulting model achieves promising results for both anomaly detection and segmentation on the challenging MVTec-AD dataset.
updated: Fri Jul 16 2021 11:04:35 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Jul 16 2021 11:04:35 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト