arXiv reaDer
光学衛星画像と宇宙搭載LIDARによる大規模な高炭素ストックマッピング
High carbon stock mapping at large scale with optical satellite imagery and spaceborne LIDAR
商品に対する需要の高まりは、世界中の土地利用の変化につながっています。熱帯地方では、高炭素排出を引き起こし、生物多様性を脅かす森林破壊は、しばしば農業の拡大に関連しています。森林破壊のないグローバルサプライチェーンの必要性は広く認識されていますが、実際に進歩を遂げることは依然として課題です。ここでは、高炭素ストック(HCS)アプローチに従って、熱帯の景観を大規模かつ高空間分解能でマッピングすることにより、保全と持続可能な土地利用計画の決定をサポートすることを目的とした自動化されたアプローチを提案します。スパースGEDILIDAR参照データから学習することにより、10 mのSentinel-2ピクセルごとにキャノピーの高さを推定するディープラーニングアプローチが開発され、全体のRMSEは6.3mになります。キャノピーの上部の高さのこれらの壁から壁へのマップは、86%の全体的な精度でHCS森林と劣化地域を分類することを予測し、インドネシア、マレーシア、フィリピンの最初の高炭素ストックマップを作成することを示します。
The increasing demand for commodities is leading to changes in land use worldwide. In the tropics, deforestation, which causes high carbon emissions and threatens biodiversity, is often linked to agricultural expansion. While the need for deforestation-free global supply chains is widely recognized, making progress in practice remains a challenge. Here, we propose an automated approach that aims to support conservation and sustainable land use planning decisions by mapping tropical landscapes at large scale and high spatial resolution following the High Carbon Stock (HCS) approach. A deep learning approach is developed that estimates canopy height for each 10 m Sentinel-2 pixel by learning from sparse GEDI LIDAR reference data, achieving an overall RMSE of 6.3 m. We show that these wall-to-wall maps of canopy top height are predictive for classifying HCS forests and degraded areas with an overall accuracy of 86 % and produce a first high carbon stock map for Indonesia, Malaysia, and the Philippines.
updated: Thu Jul 15 2021 16:21:21 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Jul 15 2021 16:21:21 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト