arXiv reaDer
DynaDog + T:合成犬の画像生成のためのパラメトリック動物モデル
DynaDog+T: A Parametric Animal Model for Synthetic Canine Image Generation
合成データは、さまざまなタスクのコンピュータビジョンモデルをトレーニングするためにますます一般的になっています。特に、このようなデータは、現実的な設定でデータを作成または取得することが難しい3Dポーズ推定などの人間に関連するタスクに適用されています。比較すると、合成動物データへの取り組みは少なく、モデルのトレーニングに使用されています。そのため、一般的なコンピュータービジョンタスクであるバイナリセグメンテーションに使用する合成犬の画像とデータを生成するためのパラメトリック犬モデルDynaDog + Tを導入します。これは、利用可能なデータがないために他の方法では困難です。
Synthetic data is becoming increasingly common for training computer vision models for a variety of tasks. Notably, such data has been applied in tasks related to humans such as 3D pose estimation where data is either difficult to create or obtain in realistic settings. Comparatively, there has been less work into synthetic animal data and it's uses for training models. Consequently, we introduce a parametric canine model, DynaDog+T, for generating synthetic canine images and data which we use for a common computer vision task, binary segmentation, which would otherwise be difficult due to the lack of available data.
updated: Thu Jul 15 2021 13:53:10 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Jul 15 2021 13:53:10 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト