arXiv reaDer
エッジ保存および構造保存画像平滑化のための一般化されたフレームワーク
A Generalized Framework for Edge-preserving and Structure-preserving Image Smoothing
画像の平滑化は、コンピュータビジョンとグラフィックスの両方のアプリケーションにおける基本的な手順です。必要なスムージングプロパティは、タスクごとに異なる場合や矛盾する場合があります。それにもかかわらず、1人の平滑化演算子に固有の平滑化の性質は通常固定されているため、さまざまなアプリケーションのさまざまな要件を満たすことはできません。この論文では、最初に、さまざまなパラメータ設定で強力な柔軟性を示す切り捨てられたHuberペナルティ関数を紹介します。次に、導入された切り捨てられたフーバーペナルティ関数を使用して、一般化されたフレームワークが提案されます。その強力な柔軟性と組み合わせると、私たちのフレームワークは、相反する平滑化動作を実現できる多様な平滑化の性質を実現できます。また、これまでの方法ではほとんど達成できなかった平滑化動作を実現できるため、困難な場合でも優れたパフォーマンスが達成されます。これらを組み合わせることで、さまざまなアプリケーションに対応し、画像の詳細の強化、クリップアートの圧縮アーティファクトの除去、ガイド付き深度マップの復元、画像のテクスチャの除去など、いくつかのタスクで最先端のアプローチを上回ることができるフレームワークが可能になります。さらに、効率的な数値ソリューションが提供され、最適化フレームワークが非凸で滑らかでない場合でも、その収束は理論的に保証されます。その性能を維持しながら、我々の方法の計算コストを削減するために、単純であるが効果的なアプローチがさらに提案される。私たちのアプローチの有効性と優れたパフォーマンスは、さまざまなアプリケーションでの包括的な実験を通じて検証されています。私たちのコードはhttps://github.com/wliusjtu/Generalized-Smoothing-Frameworkで入手できます。
Image smoothing is a fundamental procedure in applications of both computer vision and graphics. The required smoothing properties can be different or even contradictive among different tasks. Nevertheless, the inherent smoothing nature of one smoothing operator is usually fixed and thus cannot meet the various requirements of different applications. In this paper, we first introduce the truncated Huber penalty function which shows strong flexibility under different parameter settings. A generalized framework is then proposed with the introduced truncated Huber penalty function. When combined with its strong flexibility, our framework is able to achieve diverse smoothing natures where contradictive smoothing behaviors can even be achieved. It can also yield the smoothing behavior that can seldom be achieved by previous methods, and superior performance is thus achieved in challenging cases. These together enable our framework capable of a range of applications and able to outperform the state-of-the-art approaches in several tasks, such as image detail enhancement, clip-art compression artifacts removal, guided depth map restoration, image texture removal, etc. In addition, an efficient numerical solution is provided and its convergence is theoretically guaranteed even the optimization framework is non-convex and non-smooth. A simple yet effective approach is further proposed to reduce the computational cost of our method while maintaining its performance. The effectiveness and superior performance of our approach are validated through comprehensive experiments in a range of applications. Our code is available at https://github.com/wliusjtu/Generalized-Smoothing-Framework.
updated: Thu Jul 15 2021 00:55:27 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Jul 15 2021 00:55:27 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト