arXiv reaDer
PETの人工知能:業界の展望
Artificial Intelligence in PET: an Industry Perspective
人工知能(AI)は、陽電子放出断層撮影(PET)イメージングアプリケーションを含む医療イメージングにプラスの影響を与え、進歩させる大きな可能性を秘めています。 AIには、患者のスケジューリング、患者のセットアップ、プロトコル、データ取得、検出器信号処理、再構成、画像処理、解釈など、PETイメージングチェーンのすべての側面を強化および最適化する機能があります。 AIは、PETにおけるAIの将来の可能性を最大化するために対処し、克服する必要がある業界固有の課題を提起します。このホワイトペーパーでは、AIの開発、標準化、商業化、および臨床採用に関するこれらの業界固有の課題の概要を説明し、近い将来にAIによってもたらされるPETイメージングの潜在的な機能強化について説明します。特に、オンデマンドの画像再構成、AI、およびカスタム設計されたデータ処理ワークフローの組み合わせは、業界、そして最終的には患者にプラスの影響を与えるイノベーションの新しい可能性を開く可能性があります。
Artificial intelligence (AI) has significant potential to positively impact and advance medical imaging, including positron emission tomography (PET) imaging applications. AI has the ability to enhance and optimize all aspects of the PET imaging chain from patient scheduling, patient setup, protocoling, data acquisition, detector signal processing, reconstruction, image processing and interpretation. AI poses industry-specific challenges which will need to be addressed and overcome to maximize the future potentials of AI in PET. This paper provides an overview of these industry-specific challenges for the development, standardization, commercialization, and clinical adoption of AI, and explores the potential enhancements to PET imaging brought on by AI in the near future. In particular, the combination of on-demand image reconstruction, AI, and custom designed data processing workflows may open new possibilities for innovation which would positively impact the industry and ultimately patients.
updated: Wed Jul 14 2021 14:47:24 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Jul 14 2021 14:47:24 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト