arXiv reaDer
ソースフリードメイン適応のための半教師あり仮説転送
Semi-Supervised Hypothesis Transfer for Source-Free Domain Adaptation
ドメイン適応は、視覚、言語、マルチメディアなどの分布シフトに対処するために広く使用されています。ほとんどのドメイン適応方法は、利用可能な両方のドメインからのデータを使用してドメイン不変の特徴を学習します。ただし、このような戦略は、データプライバシーの懸念のためにソースデータが利用できない場合、実際には実行不可能な場合があります。この問題に対処するために、適応段階でソースデータにアクセスせずに仮説転送を介して新しい適応方法を提案します。限られたターゲットデータを完全に使用するために、半教師あり相互エンハンスメント法が提案されます。この方法では、エントロピー最小化と拡張ラベル伝播を繰り返し使用して、ドメイン間およびドメイン内のアライメントを実行します。最先端の方法と比較して、3つの公開データセットでの実験結果は、私たちの方法が半教師あり適応タスクで最大19.9%の改善を達成することを示しています。
Domain Adaptation has been widely used to deal with the distribution shift in vision, language, multimedia etc. Most domain adaptation methods learn domain-invariant features with data from both domains available. However, such a strategy might be infeasible in practice when source data are unavailable due to data-privacy concerns. To address this issue, we propose a novel adaptation method via hypothesis transfer without accessing source data at adaptation stage. In order to fully use the limited target data, a semi-supervised mutual enhancement method is proposed, in which entropy minimization and augmented label propagation are used iteratively to perform inter-domain and intra-domain alignments. Compared with state-of-the-art methods, the experimental results on three public datasets demonstrate that our method gets up to 19.9% improvements on semi-supervised adaptation tasks.
updated: Wed Jul 14 2021 14:26:09 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Jul 14 2021 14:26:09 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト