arXiv reaDer
顔のなりすまし防止のための疑似ドメインラベルによるドメインの一般化
Domain Generalization with Pseudo-Domain Label for Face Anti-Spoofing
顔のなりすまし防止(FAS)は、顔認識システムを顔表現攻撃から保護する上で重要な役割を果たします。 FASでの最近の多くの研究では、ドメイン一般化手法を使用してこの問題に取り組んでいます。ドメインの一般化は、一般化のパフォーマンスを向上させて、さまざまな種類の攻撃や目に見えない攻撃をより適切に検出することを目的としています。ただし、この分野のこれまでの研究では、各ドメインを単になりすまし防止データセットとして定義し、学習手法の開発に重点を置いていました。この論文では、ドメインをデータセットとしてラベル付けすることなく、ネットワークの中間層からのクラスター化された畳み込み特徴統計を使用して、ネットワークがそのドメインを単独で判断できるようにする方法を提案しました。ネットワーク抽出機能だけでなく、以前はFASの補助タスクとしてのみ使用されていた深度推定器を使用して、疑似ドメインラベルを取得しました。私たちの実験では、3つのデータセットでトレーニングし、残りの1つのデータセットでパフォーマンスを評価して、合計4セットの実験を実行することにより、提案された方法の有効性を実証しました。
Face anti-spoofing (FAS) plays an important role in protecting face recognition systems from face representation attacks. Many recent studies in FAS have approached this problem with domain generalization technique. Domain generalization aims to increase generalization performance to better detect various types of attacks and unseen attacks. However, previous studies in this area have defined each domain simply as an anti-spoofing datasets and focused on developing learning techniques. In this paper, we proposed a method that enables network to judge its domain by itself with the clustered convolutional feature statistics from intermediate layers of the network, without labeling domains as datasets. We obtained pseudo-domain labels by not only using the network extracting features, but also using depth estimators, which were previously used only as an auxiliary task in FAS. In our experiments, we trained with three datasets and evaluated the performance with the remaining one dataset to demonstrate the effectiveness of the proposed method by conducting a total of four sets of experiments.
updated: Wed Jul 14 2021 08:35:07 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Jul 14 2021 08:35:07 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト