arXiv reaDer
リモートセンシング画像超解像のためのマルチアテンション生成的敵対的ネットワーク
Multi-Attention Generative Adversarial Network for Remote Sensing Image Super-Resolution
画像超解像(SR)法は、コストを上げることなく、高い空間分解能でリモートセンシング画像を生成できるため、取得装置のコストが高いために取得が困難な高解像度のリモートセンシング画像を取得するための実行可能な方法を提供します。複雑な天気。明らかに、画像の超解像は深刻な不適切な問題です。幸いなことに、ディープラーニングの開発により、ディープニューラルネットワークの強力なフィッティング機能によってこの問題がある程度解決されました。本論文では、生成的敵対的ネットワーク(GAN)に基づいて、高解像度リモートセンシング画像を生成するためのネットワーク、マルチアテンション生成的敵対的ネットワーク(MA-GAN)を提案します。最初に、画像SRタスク用のGANベースのフレームワークを設計しました。 SRタスクを実行するためのコアは、私たちが設計したポストアップサンプリングを備えた画像ジェネレーターです。ジェネレーターの本体には2つのブロックが含まれています。 1つは残余密度ブロック(PCRDB)のピラミッド畳み込みで、もう1つは注意ベースのアップサンプル(AUP)ブロックです。 PCRDBブロックの注目錐体畳み込み(AttPConv)は、マルチスケール畳み込みとチャネル注意を組み合わせて、残差のスケーリングを自動的に学習および調整して、より良い結果を得るモジュールです。 AUPブロックは、ピクセルアテンション(PA)を組み合わせて、任意の倍数のアップサンプリングを実行するモジュールです。これらの2つのブロックは連携して、より高品質の画像を生成するのに役立ちます。損失関数については、ピクセル損失に基づいて損失関数を設計し、敵対的損失と特徴損失の両方を導入して、ジェネレーターの学習をガイドします。リモートセンシングシーン画像データセットで私たちの方法をいくつかの最先端の方法と比較し、実験結果は提案されたMA-GANの有効性を一貫して示しています。
Image super-resolution (SR) methods can generate remote sensing images with high spatial resolution without increasing the cost, thereby providing a feasible way to acquire high-resolution remote sensing images, which are difficult to obtain due to the high cost of acquisition equipment and complex weather. Clearly, image super-resolution is a severe ill-posed problem. Fortunately, with the development of deep learning, the powerful fitting ability of deep neural networks has solved this problem to some extent. In this paper, we propose a network based on the generative adversarial network (GAN) to generate high resolution remote sensing images, named the multi-attention generative adversarial network (MA-GAN). We first designed a GAN-based framework for the image SR task. The core to accomplishing the SR task is the image generator with post-upsampling that we designed. The main body of the generator contains two blocks; one is the pyramidal convolution in the residual-dense block (PCRDB), and the other is the attention-based upsample (AUP) block. The attentioned pyramidal convolution (AttPConv) in the PCRDB block is a module that combines multi-scale convolution and channel attention to automatically learn and adjust the scaling of the residuals for better results. The AUP block is a module that combines pixel attention (PA) to perform arbitrary multiples of upsampling. These two blocks work together to help generate better quality images. For the loss function, we design a loss function based on pixel loss and introduce both adversarial loss and feature loss to guide the generator learning. We have compared our method with several state-of-the-art methods on a remote sensing scene image dataset, and the experimental results consistently demonstrate the effectiveness of the proposed MA-GAN.
updated: Wed Jul 14 2021 08:06:19 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Jul 14 2021 08:06:19 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト