arXiv reaDer
ディープラーニングを使用したリアルタイムの甌穴検出
Real-Time Pothole Detection Using Deep Learning
道路はさまざまな場所を結ぶ線であり、日常的に使用されています。道路の定期的なメンテナンスにより、道路は安全で機能的に保たれます。甌穴の存在を検出して担当部門に報告することで、甌穴をなくすことができます。この調査では、さまざまなディープラーニングアーキテクチャを展開してテストし、甌穴を検出しました。トレーニングに使用された画像は、データベースのサイズと変動性を高めるためにインターネットからダウンロードされた多くの画像に加えて、車のフロントガラスに取り付けられた携帯電話によって収集されました。次に、SDD-TensorFlow、YOLOv3Darknet53、YOLOv4Darknet53など、さまざまなオブジェクト検出アルゴリズムが採用され、リアルタイムでポットホールを検出するために比較されます。 YOLOv4は、81%の再現率、85%の精度、85.39%の平均平均精度(mAP)で最高のパフォーマンスを達成しました。処理速度は毎秒20フレームでした。システムは、カメラから100メートル離れた範囲からポットホールを検出することができました。このシステムは、前方の甌穴時間を検出することで、ドライバーの安全性を高め、自動運転車のパフォーマンスを向上させることができます。
Roads are connecting line between different places, and used daily. Roads' periodic maintenance keeps them safe and functional. Detecting and reporting the existence of potholes to responsible departments can help in eliminating them. This study deployed and tested on different deep learning architecture to detect potholes. The images used for training were collected by cellphone mounted on the windshield of the car, in addition to many images downloaded from the internet to increase the size and variability of the database. Second, various object detection algorithms are employed and compared to detect potholes in real-time like SDD-TensorFlow, YOLOv3Darknet53 and YOLOv4Darknet53. YOLOv4 achieved the best performance with 81% recall, 85% precision and 85.39% mean Average Precision (mAP). The speed of processing was 20 frame per second. The system was able to detect potholes from a range on 100 meters away from the camera. The system can increase the safety of drivers and improve the performance of self-driving cars by detecting pothole time ahead.
updated: Tue Jul 13 2021 19:36:34 GMT+0000 (UTC)
published: Tue Jul 13 2021 19:36:34 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト