arXiv reaDer
キャリブレーションによる顔認識モデルのバイアス緩和
Bias Mitigation of Face Recognition Models Through Calibration
顔認識モデルにはバイアスがかかります。たとえば、誤検出 (顔の一致が正しくない) の確率は、民族などの繊細な属性に強く依存します。結果として、これらのモデルは、法執行機関で使用された場合、少数派グループに不均衡に悪影響を与える可能性があります。この作業では、バイアス緩和キャリブレーション (BMC) メソッドを導入します。これにより、(i) モデルの精度が向上し (最先端技術が向上)、(ii) 適切にキャリブレーションされた確率が生成され、(iii) ギャップが大幅に減少します。 (iv) センシティブな属性の知識を必要としない。
Face recognition models suffer from bias: for example, the probability of a false positive (incorrect face match) strongly depends on sensitive attributes like ethnicity. As a result, these models may disproportionately and negatively impact minority groups when used in law enforcement. In this work, we introduce the Bias Mitigation Calibration (BMC) method, which (i) increases model accuracy (improving the state-of-the-art), (ii) produces fairly-calibrated probabilities, (iii) significantly reduces the gap in the false positive rates, and (iv) does not require knowledge of the sensitive attribute.
updated: Wed Aug 11 2021 20:16:05 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Jun 07 2021 16:26:26 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト