arXiv reaDer
対照学習のためのインクリメンタル False Negative 検出
Incremental False Negative Detection for Contrastive Learning
自己教師あり学習は最近、データセット内の各画像またはインスタンスを区別することを目的とした対照学習を通じて、視覚課題で大きな可能性を示しています。ただし、このようなインスタンス レベルの学習は、インスタンス間の意味的関係を無視し、偽陰性と呼ばれる意味的に類似したサンプルからアンカーを等しくはじきます。この作業では、最初に、よりセマンティックな概念を持つ画像を含むデータセットの場合、偽陰性による好ましくない影響がより重要であることを経験的に強調します。この問題に対処するために、自己教師あり対照学習のための新しい増分偽陰性検出を導入します。トレーニング プロセスに続いて、エンコーダーが徐々にトレーニングされ、埋め込みスペースが意味的に構造的になると、このメソッドはより信頼性の高い偽陰性を段階的に検出します。その後、対照学習中に、検出された偽陰性を明示的に削除する 2 つの戦略について説明します。広範な実験により、提案された方法が、限られたコンピューティング内の複数のベンチマークで、他の自己監視型対照学習フレームワークよりも優れていることが示されています。
Self-supervised learning has recently shown great potential in vision tasks via contrastive learning, which aims to discriminate each image, or instance, in the dataset. However, such instance-level learning ignores the semantic relationship between instances and repels the anchor equally from the semantically similar samples, termed as false negatives. In this work, we first empirically highlight that the unfavorable effect from false negatives is more significant for the datasets containing images with more semantic concepts. To address the issue, we introduce a novel incremental false negative detection for self-supervised contrastive learning. Following the training process, when the encoder is gradually better-trained and the embedding space becomes more semantically structural, our method incrementally detects more reliable false negatives. Subsequently, during contrastive learning, we discuss two strategies to explicitly remove the detected false negatives. Extensive experiments show that our proposed method outperforms other self-supervised contrastive learning frameworks on multiple benchmarks within a limited compute.
updated: Mon Jun 07 2021 15:29:14 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Jun 07 2021 15:29:14 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト