arXiv reaDer
制限付き固有値条件を使用したプラグ アンド プレイ事前確率の回復分析
Recovery Analysis for Plug-and-Play Priors using the Restricted Eigenvalue Condition
プラグ アンド プレイ事前確率 (PnP) とノイズ除去による正則化 (RED) メソッドは、事前トレーニング済みのディープ ノイズ除去器を画像事前分布として活用することにより、逆問題を解決するために広く使用されるようになりました。これらのアルゴリズムの経験的なイメージング性能と理論的な収束特性は広く調査されていますが、それらの回復特性は以前は理論的に分析されていませんでした。このギャップに対処するために、PnP/RED の理論上の回復保証を確立する方法を示します。これらの方法のソリューションは、ディープ ニューラル ネットワークの固定点の近くにあると仮定します。また、圧縮センシングにおける PnP/RED の回復性能と、生成モデルに基づく最近の圧縮センシング アルゴリズムの回復性能を比較した数値結果も示します。数値結果は、事前訓練されたアーティファクト除去ネットワークを備えた PnP が、既存の最先端の方法と比較して大幅に優れた結果を提供することを示唆しています。
The plug-and-play priors (PnP) and regularization by denoising (RED) methods have become widely used for solving inverse problems by leveraging pre-trained deep denoisers as image priors. While the empirical imaging performance and the theoretical convergence properties of these algorithms have been widely investigated, their recovery properties have not previously been theoretically analyzed. We address this gap by showing how to establish theoretical recovery guarantees for PnP/RED by assuming that the solution of these methods lies near the fixed-points of a deep neural network. We also present numerical results comparing the recovery performance of PnP/RED in compressive sensing against that of recent compressive sensing algorithms based on generative models. Our numerical results suggest that PnP with a pre-trained artifact removal network provides significantly better results compared to the existing state-of-the-art methods.
updated: Mon Jun 07 2021 14:45:38 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Jun 07 2021 14:45:38 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト