arXiv reaDer
CNNベースのRSRLを介した画像の美的評価のための適切なモデルを確立するための調査:実証的研究
Exploring to establish an appropriate model for image aesthetic assessment via CNN-based RSRL: An empirical study
写真美的評価のための適切なモデルを確立するために、この論文では、CNNの最終層FCノードの解きほぐし度を反映するDメジャーを紹介します。 F-メジャーとD-メジャーを組み合わせてFDメジャーを取得することにより、CNNベースの反復自己修正学習(RSRL)によって生成された複数の写真スコア予測モデルから最適なモデルを決定するアルゴリズムが提案されます。さらに、モデルの最初の固定パースペクティブ(FFP)と評価対象領域(AIR)が定義され、計算されます。実験結果は、FDメジャーが異なるCNN構造を持つ複数のスコア予測モデルから適切なモデルを確立するのに効果的であることを示しています。さらに、FDが比較的高いFDで決定された最適モデルは、写真を楽しむときの人間の美的知覚に近いFFPとAIRを常に持っています。
To establish an appropriate model for photo aesthetic assessment, in this paper, a D-measure which reflects the disentanglement degree of the final layer FC nodes of CNN is introduced. By combining F-measure with D-measure to obtain a FD measure, an algorithm of determining the optimal model from the multiple photo score prediction models generated by CNN-based repetitively self-revised learning(RSRL) is proposed. Furthermore, the first fixation perspective(FFP) and the assessment interest region(AIR) of the models are defined and calculated. The experimental results show that the FD measure is effective for establishing the appropriate model from the multiple score prediction models with different CNN structures. Moreover, the FD-determined optimal models with the comparatively high FD always have the FFP an AIR which are close to the human's aesthetic perception when enjoying photos.
updated: Mon Jun 28 2021 01:37:31 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Jun 07 2021 03:20:00 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト