arXiv reaDer
コンテキストベースのパッチモデリングを使用したエンドツーエンドの乳房腫瘍分類モデル - 画像分類のための BiLSTM アプローチ
An End-to-End Breast Tumour Classification Model Using Context-Based Patch Modelling- A BiLSTM Approach for Image Classification
病理組織学における全スライド画像 (WSI) の計算分析に取り組んでいる研究者は、各 WSI の解像度が高いため、主にパッチベースのモデリングに頼ってきました。解像度が大きいと、計算上の制約により、WSI を機械学習モデルに直接入力することができなくなります。ただし、パッチ ベースの分析のため、現在のほとんどの方法では、パッチ間の基本的な空間的関係を活用できません。私たちの研究では、特定の腫瘍領域から抽出されたパッチ間の特徴ベースの相関とともに、この関係を統合しようとしました。指定された分類タスクのために、BiLSTM を使用して、前方および後方の両方のコンテキスト関係をモデル化しました。 RNN ベースのモデルは、深層学習モデル内で可変サイズの画像をモデル化できるようにすることで、シーケンス サイズの制限を取り除きます。また、パッチのサンプリングに使用されるさまざまなスキャン技術を調査することにより、空間的連続性の効果も組み込んでいます。アプローチの効率を確立するために、顕微鏡画像と WSI 腫瘍領域の 2 つのデータセットでモデルをトレーニングしてテストしました。現代の文献と比較した後、顕微鏡画像データセットの 90% の精度でより良いパフォーマンスを達成しました。 WSI 腫瘍領域データセットについては、最大投票手法を使用して、ResNet、DenseNet、InceptionV3 などの深層学習ネットワークで分類結果を比較しました。最高のパフォーマンス精度 84% を達成しました。 CNN 機能を備えた BiLSTM は、パッチをエンド ツー エンドの画像分類ネットワークにモデル化する際に、はるかに優れたパフォーマンスを発揮することがわかりました。さらに、WSI 腫瘍領域の可変寸法は、サイズ変更の必要なしに分類に使用されました。これは、私たちの方法が腫瘍画像のサイズに依存せず、解像度の詳細を失うことなく大きな次元の画像を処理できることを示唆しています。
Researchers working on computational analysis of Whole Slide Images (WSIs) in histopathology have primarily resorted to patch-based modelling due to large resolution of each WSI. The large resolution makes WSIs infeasible to be fed directly into the machine learning models due to computational constraints. However, due to patch-based analysis, most of the current methods fail to exploit the underlying spatial relationship among the patches. In our work, we have tried to integrate this relationship along with feature-based correlation among the extracted patches from the particular tumorous region. For the given task of classification, we have used BiLSTMs to model both forward and backward contextual relationship. RNN based models eliminate the limitation of sequence size by allowing the modelling of variable size images within a deep learning model. We have also incorporated the effect of spatial continuity by exploring different scanning techniques used to sample patches. To establish the efficiency of our approach, we trained and tested our model on two datasets, microscopy images and WSI tumour regions. After comparing with contemporary literature we achieved the better performance with accuracy of 90% for microscopy image dataset. For WSI tumour region dataset, we compared the classification results with deep learning networks such as ResNet, DenseNet, and InceptionV3 using maximum voting technique. We achieved the highest performance accuracy of 84%. We found out that BiLSTMs with CNN features have performed much better in modelling patches into an end-to-end Image classification network. Additionally, the variable dimensions of WSI tumour regions were used for classification without the need for resizing. This suggests that our method is independent of tumour image size and can process large dimensional images without losing the resolution details.
updated: Sat Jun 05 2021 10:43:58 GMT+0000 (UTC)
published: Sat Jun 05 2021 10:43:58 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト