arXiv reaDer
luvHarris:イベントカメラ用の実用的なコーナー検出器
luvHarris: A Practical Corner Detector for Event-cameras
イベント駆動型のコンピュータビジョンがより利用しやすくなったため、ここ数年、イベントカメラに対して多くのコーナー検出方法が提案されてきました。現在の最先端技術は、実用化を検討した場合、不十分な精度またはリアルタイムのパフォーマンスを備えています。制約のない環境でライブカメラを使用したランダムモーション。このホワイトペーパーでは、コーナー検出を実行するためのさらに別の方法である、ダビングされたルックアップイベントであるHarris(luvHarris)を紹介します。これは、Harrisアルゴリズムを使用して高精度を実現し、イベントスループットの向上を管理します。私たちの方法には2つの大きな貢献があります。1。特定のチューニングパラメータを削除し、ハリス操作に適した新しい「しきい値順序イベントサーフェス」、および2.イベントごとの計算負荷が最小化されるようなハリスアルゴリズムの実装計算の重い畳み込みは、「可能な限り高速」でのみ、つまり計算リソースが利用可能な場合にのみ実行されます。その結果、現在の最先端の速度の2.6倍以上を実行する、実用的でリアルタイムの堅牢なコーナー検出器が実現します。高解像度のイベントカメラをリアルタイムで使用する場合に必要です。このアプローチで採用された考慮事項について説明し、計算パフォーマンスと検出精度の観点からアルゴリズムを現在の最先端技術と比較し、イベントカメラに対して提案されたアプローチの有効性について説明します。
There have been a number of corner detection methods proposed for event cameras in the last years, since event-driven computer vision has become more accessible. Current state-of-the-art have either unsatisfactory accuracy or real-time performance when considered for practical use; random motion using a live camera in an unconstrained environment. In this paper, we present yet another method to perform corner detection, dubbed look-up event-Harris (luvHarris), that employs the Harris algorithm for high accuracy but manages an improved event throughput. Our method has two major contributions, 1. a novel "threshold ordinal event-surface" that removes certain tuning parameters and is well suited for Harris operations, and 2. an implementation of the Harris algorithm such that the computational load per-event is minimised and computational heavy convolutions are performed only 'as-fast-as-possible', i.e. only as computational resources are available. The result is a practical, real-time, and robust corner detector that runs more than 2.6× the speed of current state-of-the-art; a necessity when using high-resolution event-camera in real-time. We explain the considerations taken for the approach, compare the algorithm to current state-of-the-art in terms of computational performance and detection accuracy, and discuss the validity of the proposed approach for event cameras.
updated: Mon May 24 2021 17:54:06 GMT+0000 (UTC)
published: Mon May 24 2021 17:54:06 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト