arXiv reaDer
自動緑内障スクリーニングにおけるセマンティックセグメンテーションのための動的領域提案ネットワーク
Dynamic region proposal networks for semantic segmentation in automated glaucoma screening
眼底画像による緑内障の診断のためのスクリーニングは、カップとディスク領域のセグメンテーションを必要とする光学カップ対ディスク直径比(CDR)によって決定することができます。この論文では、2つの新しいアプローチ、すなわち、ディスクとカップの境界を識別するためのパラメータ共有分岐ネットワーク(PSBN)と弱い関心領域モデルベースのセグメンテーション(WRoIM)を提案します。以前のアプローチとは異なり、提案された方法は、単一のニューラルネットワークアーキテクチャを介してエンドツーエンドでトレーニングされ、手動または従来のコンピュータビジョンベースのトリミングの代わりに動的なトリミングを使用します。ネットワークパラメータの数を減らして、最先端のアプローチと同様のパフォーマンスを実現できます。私たちの実験には、公開されているDrishti-GS1およびRIM-ONEv3データセットで最もよく知られているさまざまな方法との比較が含まれています。 7.8×10 ^ 6パラメーターを使用すると、Drishti-GS1データのディスク/カップセグメンテーションで0.96 / 0.89のダイススコアが達成されますが、既存の最先端のアプローチでは19.8×10 ^ 6パラメーターを使用してダイススコアを達成します。 0.97 /0.89の。
Screening for the diagnosis of glaucoma through a fundus image can be determined by the optic cup to disc diameter ratio (CDR), which requires the segmentation of the cup and disc regions. In this paper, we propose two novel approaches, namely Parameter-Shared Branched Network (PSBN) andWeak Region of Interest Model-based segmentation (WRoIM) to identify disc and cup boundaries. Unlike the previous approaches, the proposed methods are trained end-to-end through a single neural network architecture and use dynamic cropping instead of manual or traditional computer vision-based cropping. We are able to achieve similar performance as that of state-of-the-art approaches with less number of network parameters. Our experiments include comparison with different best known methods on publicly available Drishti-GS1 and RIM-ONE v3 datasets. With 7.8 ×10^6 parameters our approach achieves a Dice score of 0.96/0.89 for disc/cup segmentation on Drishti-GS1 data whereas the existing state-of-the-art approach uses 19.8×10^6 parameters to achieve a dice score of 0.97/0.89.
updated: Wed May 19 2021 11:19:14 GMT+0000 (UTC)
published: Wed May 19 2021 11:19:14 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト