arXiv reaDer
国規模でのアブラヤシ密度のマッピング:アクティブラーニングアプローチ
Mapping oil palm density at country scale: An active learning approach
アブラヤシの正確なマッピングは、アブラヤシの過去と将来の環境への影響を理解するために重要です。大規模な分析のために、ピクセルあたりの木の密度を推定することにより、アブラヤシをマッピングしてカウントすることを提案します。これにより、たとえばさまざまな植栽パターンに関する詳細な分析が可能になります。そのために、Sentinel-2衛星画像から油ヤシ密度を大規模に推定し、それを適用してマレーシアとインドネシアの完全なマップを生成する、新しいアクティブな深層学習方法を提案します。アブラヤシの密度の回帰を困難にしているのは、広い領域にわたるすべての関連する地理的条件をカバーする代表的な参照データの必要性です。特に密度推定の場合、参照データの生成には個々の木のカウントが含まれます。関連するラベル付けの労力を低く抑えるために、ラベル付けする最も関連性の高いサンプルを自動的に選択する能動学習(AL)アプローチを提案します。私たちの方法は、認識モデルの不確実性とサンプル間の多様性の推定に依存しており、1回の反復で関連するサンプルのバッチ全体を取得することができます。さらに、私たちのアルゴリズムは線形の計算の複雑さを持っており、広い領域をカバーするために簡単に並列化できます。私たちの方法を使用して、インドネシアとマレーシアのすべて、および2017年と2019年の2年間の、地上サンプリング距離(GSD)が10mの最初の油ヤシ密度マップを計算します。マップの平均絶対誤差は±7.3ツリー/です。 ha、独立した検証セットから推定。また、国内のさまざまな州間の密度の変動を分析し、公式の推定値と比較します。私たちの推定によると、インドネシアには合計で12億を超えるアブラヤシがあり、1,500万ヘクタールを超え、マレーシアには5億を超えるアブラヤシが600万ヘクタールを超えています。
Accurate mapping of oil palm is important for understanding its past and future impact on the environment. We propose to map and count oil palms by estimating tree densities per pixel for large-scale analysis. This allows for fine-grained analysis, for example regarding different planting patterns. To that end, we propose a new, active deep learning method to estimate oil palm density at large scale from Sentinel-2 satellite images, and apply it to generate complete maps for Malaysia and Indonesia. What makes the regression of oil palm density challenging is the need for representative reference data that covers all relevant geographical conditions across a large territory. Specifically for density estimation, generating reference data involves counting individual trees. To keep the associated labelling effort low we propose an active learning (AL) approach that automatically chooses the most relevant samples to be labelled. Our method relies on estimates of the epistemic model uncertainty and of the diversity among samples, making it possible to retrieve an entire batch of relevant samples in a single iteration. Moreover, our algorithm has linear computational complexity and is easily parallelisable to cover large areas. We use our method to compute the first oil palm density map with 10 m Ground Sampling Distance (GSD) , for all of Indonesia and Malaysia and for two different years, 2017 and 2019. The maps have a mean absolute error of ±7.3 trees/ha, estimated from an independent validation set. We also analyse density variations between different states within a country and compare them to official estimates. According to our estimates there are, in total, >1.2 billion oil palms in Indonesia covering >15 million ha, and >0.5 billion oil palms in Malaysia covering >6 million ha.
updated: Mon May 24 2021 11:23:55 GMT+0000 (UTC)
published: Mon May 24 2021 11:23:55 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト