arXiv reaDer
空中物体検出のための指向性RepPoint
Oriented RepPoints for Aerial Object Detection
方向付けられた境界ボックスとは対照的に、ポイントセット表現は、任意の方向付け、大きなアスペクト比、および航空画像内の密な分布を持つインスタンスの詳細な構造をキャプチャする大きな可能性を秘めています。ただし、従来のポイントセットベースのアプローチは、ポイントツーポイント監視を使用して固定位置で手作りされているため、きめ細かい特徴抽出の柔軟性が損なわれます。これらの制限に対処するために、この論文では、OrientedRepPointsという名前の空中物体検出への新しいアプローチを提案します。具体的には、適応点のセットを使用して、任意の方向のオブジェクトの幾何学的および空間的情報をキャプチャすることをお勧めします。これにより、空間的およびセマンティックなシナリオでオブジェクト上に自動的に配置できます。教師あり学習を容易にするために、方向付けされた変換関数を提案して、適応点セットを方向付けられたバウンディングボックスに明示的にマッピングします。さらに、トレーニング用のポイントセットサンプルを選択するための効果的な品質評価手段を導入します。これにより、指向性オブジェクト検出の可能性に関して代表的なアイテムを選択できます。さらに、グラウンドトゥルースバウンディングボックスの外側の外れ値ポイントにペナルティを課すための空間的制約を提案します。オーバーラップ率に焦点を当てた従来の評価メトリックmAPに加えて、指向性オブジェクト検出に関する以前の研究では通常無視されていた配向精度を測定するための新しいメトリックmAOEを提案します。 DOTA、HRSC2016、UCAS-AODを含む3つの広く使用されているデータセットでの実験は、提案されたアプローチが効果的であることを示しています。
In contrast to the oriented bounding boxes, point set representation has great potential to capture the detailed structure of instances with the arbitrary orientations, large aspect ratios and dense distribution in aerial images. However, the conventional point set-based approaches are handcrafted with the fixed locations using points-to-points supervision, which hurts their flexibility on the fine-grained feature extraction. To address these limitations, in this paper, we propose a novel approach to aerial object detection, named Oriented RepPoints. Specifically, we suggest to employ a set of adaptive points to capture the geometric and spatial information of the arbitrary-oriented objects, which is able to automatically arrange themselves over the object in a spatial and semantic scenario. To facilitate the supervised learning, the oriented conversion function is proposed to explicitly map the adaptive point set into an oriented bounding box. Moreover, we introduce an effective quality assessment measure to select the point set samples for training, which can choose the representative items with respect to their potentials on orientated object detection. Furthermore, we suggest a spatial constraint to penalize the outlier points outside the ground-truth bounding box. In addition to the traditional evaluation metric mAP focusing on overlap ratio, we propose a new metric mAOE to measure the orientation accuracy that is usually neglected in the previous studies on oriented object detection. Experiments on three widely used datasets including DOTA, HRSC2016 and UCAS-AOD demonstrate that our proposed approach is effective.
updated: Mon May 24 2021 06:18:23 GMT+0000 (UTC)
published: Mon May 24 2021 06:18:23 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト