arXiv reaDer
飛行時間ベースの非見通し内再構成の自動キャリブレーション
Automatic calibration of time of flight based non-line-of-sight reconstruction
飛行時間ベースの見通し外(NLOS)イメージングアプローチでは、妥当な結果を生成するために、可視シーン上の照明と検出器の位置を正確にキャリブレーションする必要があります。このキャリブレーションエラーが十分に高い場合、ユーザーに何も表示せずに再構築が完全に失敗する可能性があります。この作業では、ミスキャリブレーションを処理するために、NLOS再構成に自動キャリブレーションを組み込む必要性を強調します。隠れたシーンのアルベドと仮想照明および検出器の位置の両方に関して微分可能なNLOS測定のフォワードモデルを提案します。平均二乗誤差損失のみで正則化なしのモデルでは、勾配降下法を使用して測定残差を最小化することにより、キャリブレーションパラメーターの共同再構築と回復が可能になります。適用されたキャリブレーションエラーが他の最先端のアルゴリズムの失敗を引き起こすシミュレーションデータと実際のデータを使用して、私たちの方法が堅牢な再構成を生成できることを示します。
Time of flight based Non-line-of-sight (NLOS) imaging approaches require precise calibration of illumination and detector positions on the visible scene to produce reasonable results. If this calibration error is sufficiently high, reconstruction can fail entirely without any indication to the user. In this work, we highlight the necessity of building autocalibration into NLOS reconstruction in order to handle mis-calibration. We propose a forward model of NLOS measurements that is differentiable with respect to both, the hidden scene albedo, and virtual illumination and detector positions. With only a mean squared error loss and no regularization, our model enables joint reconstruction and recovery of calibration parameters by minimizing the measurement residual using gradient descent. We demonstrate our method is able to produce robust reconstructions using simulated and real data where the calibration error applied causes other state of the art algorithms to fail.
updated: Fri May 21 2021 23:16:32 GMT+0000 (UTC)
published: Fri May 21 2021 23:16:32 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト