arXiv reaDer
インフィールドロボットデータ収集とマシンビジョンベースのデータ分析によるハイスループット大豆ポッドカウント
High Throughput Soybean Pod-Counting with In-Field Robotic Data Collection and Machine-Vision Based Data Analysis
小型移動ロボットとマシンビジョンアルゴリズムを使用した、高スループットのフィールドでの大豆ポッド数の有望な結果を報告します。私たちの結果は、マシンビジョンベースの大豆ポッド数が大豆収量と強く相関していることを示しています。さやの数は大豆の収量と強い相関関係がありますが、さやの数え方は非常に手間がかかり、自動化が困難でした。私たちの結果は、視覚センサーを備えた自律型ロボットが成熟時に大豆データを自律的に収集できることを確立しています。マシンビジョンアルゴリズムを使用して、実験ユニット(EU、またはプロット)全体に配置された大規模な多様性パネル全体のポッド数を高スループットの自動化された方法で推定できます。自動ポッド数と大豆収量の間に0.67の相関関係があることを報告します。データは、2020年の成長期にイリノイ大学の大豆育種プログラムによって維持された1463の単列プロットからなる実験で収集されました。また、16プロットのより小さなデータセットで、自動ポッド数と手動ポッド数の相関が0.88であることも報告します。
We report promising results for high-throughput on-field soybean pod count with small mobile robots and machine-vision algorithms. Our results show that the machine-vision based soybean pod counts are strongly correlated with soybean yield. While pod counts has a strong correlation with soybean yield, pod counting is extremely labor intensive, and has been difficult to automate. Our results establish that an autonomous robot equipped with vision sensors can autonomously collect soybean data at maturity. Machine-vision algorithms can be used to estimate pod-counts across a large diversity panel planted across experimental units (EUs, or plots) in a high-throughput, automated manner. We report a correlation of 0.67 between our automated pod counts and soybean yield. The data was collected in an experiment consisting of 1463 single-row plots maintained by the University of Illinois soybean breeding program during the 2020 growing season. We also report a correlation of 0.88 between automated pod counts and manual pod counts over a smaller data set of 16 plots.
updated: Fri May 21 2021 20:52:18 GMT+0000 (UTC)
published: Fri May 21 2021 20:52:18 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト