arXiv reaDer
マニホールド対応ワッサースタインGANを使用した人間の動きの予測
Human Motion Prediction Using Manifold-Aware Wasserstein GAN
人間の動きの予測は、以前のポーズシーケンスが与えられた場合の将来の人間のポーズを予測することを目的としています。予測された動きの不連続性と長期的な視野でのパフォーマンスの低下は、現在の文献で直面している主な課題です。この作業では、人間の動きのコンパクトな多様体値表現を使用して、これらの問題に取り組みます。具体的には、3D人間のポーズの時間的進化を軌道としてモデル化します。これにより、人間の動きを球体マニホールド上の単一の点にマッピングできます。これらの非ユークリッド表現を学習するために、さまざまな損失を通じて人間の動きの時間的および空間的依存性をキャプチャする、多様体を意識したワッサーシュタイン生成敵対的モデルを構築します。広範な実験により、私たちのアプローチは、CMUMoCapおよびHuman3.6Mデータセットの最先端を上回っています。私たちの定性的な結果は、予測された動きの滑らかさを示しています。
Human motion prediction aims to forecast future human poses given a prior pose sequence. The discontinuity of the predicted motion and the performance deterioration in long-term horizons are still the main challenges encountered in current literature. In this work, we tackle these issues by using a compact manifold-valued representation of human motion. Specifically, we model the temporal evolution of the 3D human poses as trajectory, what allows us to map human motions to single points on a sphere manifold. To learn these non-Euclidean representations, we build a manifold-aware Wasserstein generative adversarial model that captures the temporal and spatial dependencies of human motion through different losses. Extensive experiments show that our approach outperforms the state-of-the-art on CMU MoCap and Human 3.6M datasets. Our qualitative results show the smoothness of the predicted motions.
updated: Fri Jul 16 2021 21:16:53 GMT+0000 (UTC)
published: Tue May 18 2021 17:56:10 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト