arXiv reaDer
マルチビューマルチスケール監視による画像操作検出
Image Manipulation Detection by Multi-View Multi-Scale Supervision
画像操作検出の重要な課題は、本物の画像の誤警報を防ぐために特定しながら、新しいデータの操作に敏感な一般化可能な機能をどのように学習するかです。現在の研究は感度を強調しており、特異性は見過ごされています。このホワイトペーパーでは、マルチビュー機能学習とマルチスケール監視によって両方の側面に対処します。前者は、改ざんされた領域を取り巻くノイズ分布と境界アーティファクトを利用することにより、セマンティックにとらわれない、したがってより一般化可能な機能を学習することを目的としています。後者は、現在のセマンティックセグメンテーションネットワークベースの方法で考慮に入れるのが簡単ではない本物の画像から学ぶことを可能にします。私たちの考えは、MVSS-Netと呼ばれる新しいネットワークによって実現されます。 5つのベンチマークセットでの広範な実験により、ピクセルレベルと画像レベルの両方の操作検出に対するMVSS-Netの実行可能性が正当化されます。
The key challenge of image manipulation detection is how to learn generalizable features that are sensitive to manipulations in novel data, whilst specific to prevent false alarms on authentic images. Current research emphasizes the sensitivity, with the specificity overlooked. In this paper we address both aspects by multi-view feature learning and multi-scale supervision. By exploiting noise distribution and boundary artifact surrounding tampered regions, the former aims to learn semantic-agnostic and thus more generalizable features. The latter allows us to learn from authentic images which are nontrivial to taken into account by current semantic segmentation network based methods. Our thoughts are realized by a new network which we term MVSS-Net. Extensive experiments on five benchmark sets justify the viability of MVSS-Net for both pixel-level and image-level manipulation detection.
updated: Wed Apr 14 2021 13:05:58 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Apr 14 2021 13:05:58 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト