arXiv reaDer
個人の再識別のためのグラフベースの個人署名
Graph-based Person Signature for Person Re-Identifications
人物再識別(ReID)のタスクは、重複しない複数のカメラビューで同じ人物の画像を照合することです。視覚的要因の変動により、以前の研究では、個人のアイデンティティ、身体の部分、および属性が個人のReID問題にどのように役立つかを調査しました。ただし、属性、身体部分、および各属性内の相関関係は十分に活用されていません。本論文では、詳細な人物記述(属性ラベル)と視覚的特徴(身体部分とグローバル特徴)をグラフに効果的に集約する新しい方法、すなわちグラフベースの人物署名を提案し、グラフ畳み込みネットワークを利用してトポロジー構造を学習します。人の視覚的署名の。グラフは、個人を再識別するためのマルチブランチマルチタスクフレームワークに統合されています。 Market-1501とDukeMTMC-ReIDを含む2つの大規模データセットに対する提案されたアプローチの有効性を実証するために、広範な実験が実施されています。私たちのアプローチは、最先端の技術の間で競争力のある結果を達成し、他の属性ベースまたはマスクガイド方式よりも優れています。
The task of person re-identification (ReID) is to match images of the same person over multiple non-overlapping camera views. Due to the variations in visual factors, previous works have investigated how the person identity, body parts, and attributes benefit the person ReID problem. However, the correlations between attributes, body parts, and within each attribute are not fully utilized. In this paper, we propose a new method to effectively aggregate detailed person descriptions (attributes labels) and visual features (body parts and global features) into a graph, namely Graph-based Person Signature, and utilize Graph Convolutional Networks to learn the topological structure of the visual signature of a person. The graph is integrated into a multi-branch multi-task framework for person re-identification. The extensive experiments are conducted to demonstrate the effectiveness of our proposed approach on two large-scale datasets, including Market-1501 and DukeMTMC-ReID. Our approach achieves competitive results among the state of the art and outperforms other attribute-based or mask-guided methods.
updated: Sat Apr 17 2021 14:57:11 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Apr 14 2021 10:54:36 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト