arXiv reaDer
デュアルドメインネットワークを使用した合成開口レーダー画像の変化検出
Change Detection in Synthetic Aperture Radar Images Using a Dual-Domain Network
合成開口レーダー(SAR)画像からの変化の検出は、重要でありながら困難な作業です。既存の方法は主に空間領域での特徴抽出に焦点を合わせており、周波数領域にはほとんど注意が払われていません。さらに、パッチごとの特徴分析では、周辺領域にいくつかのノイズの多い特徴が導入される可能性があります。上記の2つの課題に取り組むために、デュアルドメインネットワークを提案します。具体的には、離散コサイン変換ドメインの特徴を考慮に入れ、再形成されたDCT係数を周波数ドメインブランチとして提案されたモデルに統合します。周波数領域と空間領域の両方からの特徴表現を利用して、スペックルノイズを軽減します。さらに、各パッチの中央領域を強調するマルチ領域畳み込みモジュールをさらに提案します。コンテキスト情報と中央領域の機能は、適応的にモデル化されます。 3つのSARデータセットの実験結果は、提案されたモデルの有効性を示しています。コードはhttps://github.com/summitgao/SAR_CD_DDNetで入手できます。
Change detection from synthetic aperture radar (SAR) imagery is a critical yet challenging task. Existing methods mainly focus on feature extraction in spatial domain, and little attention has been paid to frequency domain. Furthermore, in patch-wise feature analysis, some noisy features in the marginal region may be introduced. To tackle the above two challenges, we propose a Dual-Domain Network. Specifically, we take features from the discrete cosine transform domain into consideration and the reshaped DCT coefficients are integrated into the proposed model as the frequency domain branch. Feature representations from both frequency and spatial domain are exploited to alleviate the speckle noise. In addition, we further propose a multi-region convolution module, which emphasizes the central region of each patch. The contextual information and central region features are modeled adaptively. The experimental results on three SAR datasets demonstrate the effectiveness of the proposed model. Our codes are available at https://github.com/summitgao/SAR_CD_DDNet.
updated: Thu Apr 15 2021 00:57:26 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Apr 14 2021 08:41:48 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト