arXiv reaDer
効率的なドメイン転送によるオブジェクト検出のためのインクリメンタルマルチターゲットドメイン適応
Incremental Multi-Target Domain Adaptation for Object Detection with Efficient Domain Transfer
マルチターゲットドメイン適応(MTDA)の手法は、認識モデルを適応させて、複数のターゲットドメイン間で十分に一般化できるようにします。オブジェクト検出における教師なし単一ターゲットドメイン適応(STDA)についていくつかの成功した手法が提案されていますが、ラベルのない画像データを使用してモデルを複数のターゲットドメインに適応させることは、依然として困難でほとんど未踏の問題です。主な課題には、ターゲットデータのバウンディングボックス注釈の欠如、知識の破損、正確な詳細検出モデルのトレーニングに必要なリソース要件の増大などがあります。後の要件は、新しい各ターゲットドメインに適応するときに、以前に学習したターゲットデータを使用してモデルを再トレーニングする必要性によって強化されます。現在、オブジェクト検出のための文献で唯一のMTDA手法は、知識の破損を回避するために複製モデルを使用した蒸留に依存していますが、UDA後のソースとターゲットの特徴の配置を活用していません。これらの課題に対処するために、以前に学習したターゲットドメインのデータを保持することなく、一度に1つずつ、複数のターゲットドメインに検出器を適応させることができるオブジェクト検出用の新しいインクリメンタルMTDA手法を提案します。蒸留の代わりに、私たちの技術は、ソース画像をその場で共同のターゲットドメインのスペースに効率的に転送し、それによって増分MTDA中に知識を保持します。敵対的なトレーニングを使用して、ドメイン転送モジュール(DTM)は、ドメイン分類子をだましてターゲットドメインに転送されたかのようにソース画像を分類するように最適化されているため、DTMはターゲットドメインの同時分布に近いサンプルを生成できます。提案された手法は、さまざまなMTDA検出ベンチマークで検証されており、結果は、複雑さが大幅に軽減されているにもかかわらず、複数のドメインにわたって精度が向上していることを示しています。
Techniques for multi-target domain adaptation (MTDA) seek to adapt a recognition model such that it can generalize well across multiple target domains. While several successful techniques have been proposed for unsupervised single-target domain adaptation (STDA) in object detection, adapting a model to multiple target domains using unlabeled image data remains a challenging and largely unexplored problem. Key challenges include the lack of bounding box annotations for target data, knowledge corruption, and the growing resource requirements needed to train accurate deep detection models. The later requirements are augmented by the need to retraining a model with previous-learned target data when adapting to each new target domain. Currently, the only MTDA technique in literature for object detection relies on distillation with a duplicated model to avoid knowledge corruption but does not leverage the source-target feature alignment after UDA. To address these challenges, we propose a new Incremental MTDA technique for object detection that can adapt a detector to multiple target domains, one at a time, without having to retain data of previously-learned target domains. Instead of distillation, our technique efficiently transfers source images to a joint target domains' space, on the fly, thereby preserving knowledge during incremental MTDA. Using adversarial training, our Domain Transfer Module (DTM) is optimized to trick the domain classifiers into classifying source images as though transferred into the target domain, thus allowing the DTM to generate samples close to a joint distribution of target domains. Our proposed technique is validated on different MTDA detection benchmarks, and results show it improving accuracy across multiple domains, despite the considerable reduction in complexity.
updated: Mon Apr 19 2021 14:41:20 GMT+0000 (UTC)
published: Tue Apr 13 2021 19:35:54 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト