arXiv reaDer
深層生成モデリング:VAE、GAN、正規化フロー、エネルギーベースおよび自己回帰モデルの比較レビュー
Deep Generative Modelling: A Comparative Review of VAEs, GANs, Normalizing Flows, Energy-Based and Autoregressive Models
深層生成モデリングは、深層ニューラルネットワークをトレーニングしてトレーニングサンプルの分布をモデル化する手法のクラスです。研究はさまざまな相互接続されたアプローチに細分化されており、それぞれが実行時、多様性、アーキテクチャ上の制限などのトレードオフを行っています。特に、この大要は、多数のハイブリッドアプローチに加えて、エネルギーベースのモデル、変分オートエンコーダ、生成的敵対的ネットワーク、自己回帰モデル、正規化フローをカバーしています。これらの手法は、単一のまとまりのあるフレームワークの下で描かれ、現在の最先端の進歩と実装を確認しながら、それぞれの背後にある前提を説明するために比較対照します。
Deep generative modelling is a class of techniques that train deep neural networks to model the distribution of training samples. Research has fragmented into various interconnected approaches, each of which making trade-offs including run-time, diversity, and architectural restrictions. In particular, this compendium covers energy-based models, variational autoencoders, generative adversarial networks, autoregressive models, normalizing flows, in addition to numerous hybrid approaches. These techniques are drawn under a single cohesive framework, comparing and contrasting to explain the premises behind each, while reviewing current state-of-the-art advances and implementations.
updated: Wed Apr 14 2021 12:50:13 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Mar 08 2021 17:34:03 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト