arXiv reaDer
人間と機械の知覚のための位置エネルギーに基づく点群歪みの定量化
Point Cloud Distortion Quantification based on Potential Energy for Human and Machine Perception
点群の歪みの定量化は、ステルスでありながら、人間や機械のさまざまな知覚タスクにおいて重要な役割を果たします。人間の知覚タスクの場合、歪みの定量化は主観的な実験の代わりに3D視覚化を導くことができます。一方、機械知覚タスクの場合、歪みの定量化は、教師なし学習タスクのディープニューラルネットワークのトレーニングをガイドする損失関数として機能します。多くのアプリケーションでさまざまな要求を処理するには、歪みの定量化が歪みを識別可能で微分可能であり、計算の複雑さが低い必要があります。ただし、現在、3つの条件を満たすことができる一般的な歪みの定量化が不足しています。このギャップを埋めるために、この作業では、マルチスケールの位置エネルギーの不一致(MPED)、点群の形状と色差を測定するための歪みの定量化を提案します。提案されたMPEDは、さまざまな近隣サイズで評価することにより、グローバルとローカルのトレードオフを実現し、マルチスケール方式で歪みをキャプチャします。広範な実験的研究により、人間と機械の両方の知覚タスクに対するMPEDの優位性が検証されています。
Distortion quantification of point clouds plays a stealth, yet vital role in a wide range of human and machine perception tasks. For human perception tasks, a distortion quantification can substitute subjective experiments to guide 3D visualization; while for machine perception tasks, a distortion quantification can work as a loss function to guide the training of deep neural networks for unsupervised learning tasks. To handle a variety of demands in many applications, a distortion quantification needs to be distortion discriminable, differentiable, and have a low computational complexity. Currently, however, there is a lack of a general distortion quantification that can satisfy all three conditions. To fill this gap, this work proposes multiscale potential energy discrepancy (MPED), a distortion quantification to measure point cloud geometry and color difference. By evaluating at various neighborhood sizes, the proposed MPED achieves global-local tradeoffs, capturing distortion in a multiscale fashion. Extensive experimental studies validate MPED's superiority for both human and machine perception tasks.
updated: Tue Jul 20 2021 08:26:39 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Mar 04 2021 06:24:04 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト