arXiv reaDer
圧縮のための深い知覚画質評価
Deep Perceptual Image Quality Assessment for Compression
非可逆画像圧縮は、データの効率的な保存と転送に必要です。通常、ビットレートと品質の間のトレードオフによって、最適な圧縮レベルが決まります。これにより、画質メトリックはあらゆるイメージングシステムの不可欠な部分になります。 PSNRやSSIMなどの既存の完全参照メトリックは、知覚品質に対する感度が低い可能性がありますが、最近導入された学習方法は、目に見えないデータに一般化できない可能性があります。この論文では、人間の知覚の好みを備えたこれまでで最大の画像圧縮品質データセットを提案し、深層学習の使用を可能にし、既存の最先端を上回る非可逆画像圧縮の完全な参照知覚品質評価メトリックを開発しますメソッド。提案されたモデルは、新しいデータセットで利用可能な何千もの例から効果的に学習でき、その結果、人間の知覚的好みの他の目に見えないデータセットによりよく一般化できることを示します。
Lossy Image compression is necessary for efficient storage and transfer of data. Typically the trade-off between bit-rate and quality determines the optimal compression level. This makes the image quality metric an integral part of any imaging system. While the existing full-reference metrics such as PSNR and SSIM may be less sensitive to perceptual quality, the recently introduced learning methods may fail to generalize to unseen data. In this paper we propose the largest image compression quality dataset to date with human perceptual preferences, enabling the use of deep learning, and we develop a full reference perceptual quality assessment metric for lossy image compression that outperforms the existing state-of-the-art methods. We show that the proposed model can effectively learn from thousands of examples available in the new dataset, and consequently it generalizes better to other unseen datasets of human perceptual preference.
updated: Thu Jul 15 2021 14:47:34 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Mar 01 2021 16:31:10 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト