arXiv reaDer
統一された焦点損失:クラスの不均衡な医療画像セグメンテーションを処理するためのダイスおよびクロスエントロピーベースの損失の一般化
Unified Focal loss: Generalising Dice and cross entropy-based losses to handle class imbalanced medical image segmentation
自動セグメンテーション手法は、医療画像分析における重要な進歩です。機械学習技術、特にディープニューラルネットワークは、ほとんどの医療画像セグメンテーションタスクの最先端です。クラスの不均衡に関する問題は、医療データセットに重大な課題をもたらし、病変が背景に比べてかなり小さいボリュームを占めることがよくあります。深層学習アルゴリズムのトレーニングで使用される損失関数は、クラスの不均衡に対するロバスト性が異なり、モデルの収束に直接的な影響を及ぼします。セグメンテーションに最も一般的に使用される損失関数は、クロスエントロピー損失、ダイス損失、またはその2つの組み合わせのいずれかに基づいています。クラスの不均衡を処理するためにダイスとクロスエントロピーベースの損失を一般化する新しいフレームワークである統一焦点損失を提案します。提案された損失関数を、乳房超音波2017(BUS2017)、脳腫瘍セグメンテーション2020(BraTS20)、および腎臓腫瘍セグメンテーション2019(KiTS19)の3つの高度にクラス不均衡な公的に利用可能な医用画像データセットで評価します。損失関数のパフォーマンスを6つのダイスまたはクロスエントロピーベースの損失関数と比較し、提案された損失関数がクラスの不均衡に対してロバストであり、データセット全体で他の損失関数よりも優れていることを示します。最後に、統合焦点損失と深い監視を併用して、元のU-Netアーキテクチャを変更せずに、BUS2017での平均ダイス類似度係数(DSC)= 0.948で最先端の結果を達成し、腫瘍領域のDSCを強化します。 BraTS20では= 0.800、KiTS19では腎臓腫瘍DSC = 0.758。これは、より複雑なアーキテクチャを使用する前に、適切な損失関数を慎重に選択することの重要性を浮き彫りにします。
Automatic segmentation methods are an important advancement in medical image analysis. Machine learning techniques, and deep neural networks in particular, are the state-of-the-art for most medical image segmentation tasks. Issues with class imbalance pose a significant challenge in medical datasets, with lesions often occupying a considerably smaller volume relative to the background. Loss functions used in the training of deep learning algorithms differ in their robustness to class imbalance, with direct consequences for model convergence. The most commonly used loss functions for segmentation are based on either the cross entropy loss, Dice loss or a combination of the two. We propose a Unified Focal loss, a new framework that generalises Dice and cross entropy-based losses for handling class imbalance. We evaluate our proposed loss function on three highly class imbalanced, publicly available medical imaging datasets: Breast Ultrasound 2017 (BUS2017), Brain Tumour Segmentation 2020 (BraTS20) and Kidney Tumour Segmentation 2019 (KiTS19). We compare our loss function performance against six Dice or cross entropy-based loss functions, and demonstrate that our proposed loss function is robust to class imbalance, outperforming the other loss functions across datasets. Finally, we use the Unified Focal loss together with deep supervision to achieve state-of-the-art results without modification of the original U-Net architecture, with a mean Dice similarity coefficient (DSC)=0.948 on BUS2017, enhancing tumour region DSC=0.800 on BraTS20 and kidney tumour DSC=0.758 on KiTS19. This highlights the importance of carefully selecting a suitable loss function prior to the use of more complex architectures.
updated: Mon May 24 2021 14:06:06 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Feb 08 2021 20:47:38 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト