arXiv reaDer
膠芽腫の弱く教師あり腫瘍セグメンテーションのための期待値最大化正則化ディープラーニング
Expectation-Maximization Regularized Deep Learning for Weakly Supervised Tumor Segmentation for Glioblastoma
弱く監視された腫瘍セグメンテーションのための期待値最大化(EM)正則化ディープラーニング(EMReDL)モデルを提示します。提案されたフレームワークは、周囲の脳組織へのびまん性浸潤を特徴とする悪性腫瘍の一種である神経膠芽腫に合わせて調整されており、従来の構造MRIを使用した治療標的および腫瘍量の推定に大きな課題をもたらします。生理学的MRIは腫瘍浸潤に関するより具体的な情報を提供しますが、解像度が比較的低いため、正確な完全な注釈が妨げられます。これにより、部分的にラベル付けされた腫瘍領域を活用する、弱く監視された深層学習ソリューションを開発するようになりました。 EMReDLには、生理学的事前予測モデルとEM正則化セグメンテーションモデルの2つのコンポーネントが含まれています。生理学的事前予測モデルは、分類器をトレーニングして生理学的事前マップを生成することにより、生理学的MRIを活用します。このマップは、EMアルゴリズムを使用した正則化のためにセグメンテーションモデルに渡されます。術前のマルチパラメトリックおよび再発MRIが利用可能な神経膠芽腫データセットでモデルを評価しました。 EMReDLは、潜在的な浸潤の部分的に標識された領域から浸潤した腫瘍を効果的にセグメント化することを示しました。セグメント化されたコア腫瘍と浸潤腫瘍は、専門家によってラベル付けされた腫瘍量と高い一貫性を示しました。パフォーマンスの比較により、EMReDLは公開されている最先端のモデルよりも高い精度を達成していることが示されました。 MRスペクトロスコピーでは、セグメント化された領域は、他の部分的にラベル付けされた領域よりも攻撃的な特徴を示しました。提案されたモデルは、フレームワークで柔軟なCNNアーキテクチャを使用して、部分ラベルに依存する他のセグメンテーションタスクに一般化できます。
We present an Expectation-Maximization (EM) Regularized Deep Learning (EMReDL) model for weakly supervised tumor segmentation. The proposed framework is tailored to glioblastoma, a type of malignant tumor characterized by its diffuse infiltration into the surrounding brain tissue, which poses significant challenge to treatment target and tumor burden estimation using conventional structural MRI. Although physiological MRI provides more specific information regarding tumor infiltration, the relatively low resolution hinders a precise full annotation. This has motivated us to develop a weakly supervised deep learning solution that exploits the partial labelled tumor regions. EMReDL contains two components: a physiological prior prediction model and EM-regularized segmentation model. The physiological prior prediction model exploits the physiological MRI by training a classifier to generate a physiological prior map. This map is passed to the segmentation model for regularization using the EM algorithm. We evaluated the model on a glioblastoma dataset with the pre-operative multiparametric and recurrence MRI available. EMReDL showed to effectively segment the infiltrated tumor from the partially labelled region of potential infiltration. The segmented core tumor and infiltrated tumor demonstrated high consistency with the tumor burden labelled by experts. The performance comparisons showed that EMReDL achieved higher accuracy than published state-of-the-art models. On MR spectroscopy, the segmented region displayed more aggressive features than other partial labelled region. The proposed model can be generalized to other segmentation tasks that rely on partial labels, with the CNN architecture flexible in the framework.
updated: Thu Jul 15 2021 16:44:07 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Jan 21 2021 18:14:43 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト