arXiv reaDer
マルチモーダル脳MR画像変換のための統一された条件付き解きほぐしフレームワーク
A Unified Conditional Disentanglement Framework for Multimodal Brain MR Image Translation
マルチモーダルMRIは、組織の状態を調べ、さまざまな疾患を特徴づけるための補完的で臨床的に関連する情報を提供します。しかし、定量分析が依然として求められている一方で、研究計画の制限のために、同じ主題から十分に多くのモダリティを取得することはしばしば困難です。この作業では、入力モダリティから任意のモダリティを合成するための統一された条件付き解きほぐしフレームワークを提案します。私たちのフレームワークは、サイクルに制約のある条件付き敵対トレーニングアプローチに依存しており、モダリティにとらわれないエンコーダーでモダリティ不変の解剖学的特徴を抽出し、条件付きデコーダーでターゲットモダリティを生成できます。 BraTS'18データベースからのT1強調、T1造影、T2強調、FLAIR MRIを含む4つのMRIモダリティでフレームワークを検証し、比較方法よりも合成品質で優れたパフォーマンスを示しています。さらに、合成データを使用して実行された腫瘍セグメンテーションタスクの実験結果を報告します。
Multimodal MRI provides complementary and clinically relevant information to probe tissue condition and to characterize various diseases. However, it is often difficult to acquire sufficiently many modalities from the same subject due to limitations in study plans, while quantitative analysis is still demanded. In this work, we propose a unified conditional disentanglement framework to synthesize any arbitrary modality from an input modality. Our framework hinges on a cycle-constrained conditional adversarial training approach, where it can extract a modality-invariant anatomical feature with a modality-agnostic encoder and generate a target modality with a conditioned decoder. We validate our framework on four MRI modalities, including T1-weighted, T1 contrast enhanced, T2-weighted, and FLAIR MRI, from the BraTS'18 database, showing superior performance on synthesis quality over the comparison methods. In addition, we report results from experiments on a tumor segmentation task carried out with synthesized data.
updated: Sat Jun 05 2021 15:15:53 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Jan 14 2021 03:14:24 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト