arXiv reaDer
3D CNN を介した bpMRI でのエンド ツー エンドの前立腺癌検出: 注意メカニズムの効果、臨床的優先順位および分離された偽陽性の削減
End-to-end Prostate Cancer Detection in bpMRI via 3D CNNs: Effects of Attention Mechanisms, Clinical Priori and Decoupled False Positive Reduction
バイパラメトリック MR イメージング (bpMRI) における臨床的に重要な前立腺癌 (csPCa) の自動ローカリゼーションのための多段階 3 D コンピューター支援検出および診断 (CAD) モデルを提示します。深い注目のメカニズムは、その検出ネットワークを駆動し、複数の解像度にわたって顕著な構造と高度に識別可能な特徴の次元を対象としています。その目標は、緩徐な癌からの csPCa 病変と、前立腺を苦しめる可能性のある広範囲の良性病変を正確に特定することです。同時に、分離された残差分類器を使用して、高い感度や計算効率を犠牲にすることなく、一貫した偽陽性の削減を実現します。ドメイン固有の臨床知識でモデルの一般化を導くために、確率的解剖学的事前確率を使用して、csPCa の空間的有病率とゾーンの区別をエンコードします。 1950 年の前立腺 bpMRI と放射線学的に推定された注釈を組み合わせた大規模なデータセットを使用して、このような CNN ベースのモデルをトレーニングして、独立したコホートで生検で確認された悪性腫瘍を検出できると仮定します。 486 の施設検査スキャンについて、3D CAD システムは、患者ごとに 0.50 および 1.46 の偽陽性でそれぞれ 83.69±5.22% および 93.19±2.96% の検出感度を達成し、患者ベースの診断において 0.882±0.030 AUROC を大幅に上回る最近の文献からの最新のベースライン アーキテクチャ (U-SEResNet、UNet++、nnU-Net、Attention U-Net)。 296 の外部生検確認検査スキャンについて、アンサンブル CAD システムは、専門の放射線科医 (76.69%; カッパ = 0.51±0.04) および独立した病理学者 (81.08%; カッパ = 0.56±0.06) のコンセンサスと中程度の一致を共有しています。組織学的に確認された csPCa 診断への強い一般化を示しています。
We present a multi-stage 3D computer-aided detection and diagnosis (CAD) model for automated localization of clinically significant prostate cancer (csPCa) in bi-parametric MR imaging (bpMRI). Deep attention mechanisms drive its detection network, targeting salient structures and highly discriminative feature dimensions across multiple resolutions. Its goal is to accurately identify csPCa lesions from indolent cancer and the wide range of benign pathology that can afflict the prostate gland. Simultaneously, a decoupled residual classifier is used to achieve consistent false positive reduction, without sacrificing high sensitivity or computational efficiency. In order to guide model generalization with domain-specific clinical knowledge, a probabilistic anatomical prior is used to encode the spatial prevalence and zonal distinction of csPCa. Using a large dataset of 1950 prostate bpMRI paired with radiologically-estimated annotations, we hypothesize that such CNN-based models can be trained to detect biopsy-confirmed malignancies in an independent cohort. For 486 institutional testing scans, the 3D CAD system achieves 83.69±5.22% and 93.19±2.96% detection sensitivity at 0.50 and 1.46 false positive(s) per patient, respectively, with 0.882±0.030 AUROC in patient-based diagnosis -significantly outperforming four state-of-the-art baseline architectures (U-SEResNet, UNet++, nnU-Net, Attention U-Net) from recent literature. For 296 external biopsy-confirmed testing scans, the ensembled CAD system shares moderate agreement with a consensus of expert radiologists (76.69%; kappa = 0.51±0.04) and independent pathologists (81.08%; kappa = 0.56±0.06); demonstrating strong generalization to histologically-confirmed csPCa diagnosis.
updated: Sat Jun 05 2021 14:59:16 GMT+0000 (UTC)
published: Fri Jan 08 2021 22:59:30 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト