arXiv reaDer
共同2D-3D学習を使用した屋外地形マッピングのための航空画像からのメッシュ再構成
Mesh Reconstruction from Aerial Images for Outdoor Terrain Mapping Using Joint 2D-3D Learning
この論文では、無人航空機から取得した俯瞰画像を使用して、屋外の地形マッピングについて説明します。飛行中の航空画像からの高密度深度推定は困難です。機能ベースのローカリゼーションおよびマッピング技術は、リアルタイムのオドメトリとスパースポイントの再構築を提供できますが、高密度環境モデルは通常、大量の計算とストレージを使用してオフラインで復元されます。このホワイトペーパーでは、2D-3Dの共同学習アプローチを開発して、各カメラのキーフレームでローカルメッシュを再構築します。これは、グローバル環境モデルに組み込むことができます。各ローカルメッシュは、スパース深度測定から初期化されます。カメラの投影を通じて画像の特徴をメッシュの頂点に関連付け、グラフの畳み込みを適用して、2Dの再投影された深度と3Dのメッシュの監視を組み合わせてメッシュの頂点を調整します。実際の航空画像を使用した定量的および定性的評価は、環境モニタリングおよび監視アプリケーションをサポートするための私たちの方法の可能性を示しています。
This paper addresses outdoor terrain mapping using overhead images obtained from an unmanned aerial vehicle. Dense depth estimation from aerial images during flight is challenging. While feature-based localization and mapping techniques can deliver real-time odometry and sparse points reconstruction, a dense environment model is generally recovered offline with significant computation and storage. This paper develops a joint 2D-3D learning approach to reconstruct local meshes at each camera keyframe, which can be assembled into a global environment model. Each local mesh is initialized from sparse depth measurements. We associate image features with the mesh vertices through camera projection and apply graph convolution to refine the mesh vertices based on joint 2-D reprojected depth and 3-D mesh supervision. Quantitative and qualitative evaluations using real aerial images show the potential of our method to support environmental monitoring and surveillance applications.
updated: Tue Apr 13 2021 20:45:33 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Jan 06 2021 02:09:03 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト