arXiv reaDer
低ランクテンソルを使用した加速MRIのアクティブサンプリング
Active Sampling for Accelerated MRI with Low-Rank Tensors
磁気共鳴画像法(MRI)は、医学と生物学に革命をもたらす強力な画像診断法です。高次元MRIのイメージング速度は制限されることが多く、そのため実用性が制限されます。最近、低ランクのテンソルモデルが利用され、スパースサンプリングによる高速MRイメージングが可能になりました。ほとんどの既存の方法は、いくつかの事前定義されたサンプリング設計を使用しており、アクティブセンシングは低ランクのテンソル画像については検討されていません。この論文では、高速MRイメージングのためのアクティブな低ランクテンソルモデルを紹介します。低ランクのテンソル構造の利点を利用して、Query-by-Committeeモデルに基づくアクティブサンプリング方法を提案します。 3D MRIデータセットの数値実験は、提案された方法の有効性を示しています。
Magnetic resonance imaging (MRI) is a powerful imaging modality that revolutionizes medicine and biology. The imaging speed of high-dimensional MRI is often limited, which constrains its practical utility. Recently, low-rank tensor models have been exploited to enable fast MR imaging with sparse sampling. Most existing methods use some pre-defined sampling design, and active sensing has not been explored for low-rank tensor imaging. In this paper, we introduce an active low-rank tensor model for fast MR imaging. We propose an active sampling method based on a Query-by-Committee model, making use of the benefits of low-rank tensor structure. Numerical experiments on a 3-D MRI data set demonstrate the effectiveness of the proposed method.
updated: Sat May 22 2021 20:55:29 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Dec 23 2020 05:35:04 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト