arXiv reaDer
医用画像強調のためのフィードバックグラフ注意畳み込みネットワーク
Feedback Graph Attention Convolutional Network for Medical Image Enhancement
アーチファクト、ぼやけ、ノイズは、取得プロセス中にMRI画像を劣化させる一般的な歪みであり、ディープニューラルネットワークは、画質の向上に役立つことが実証されています。グローバルな構造情報とテクスチャの詳細をうまく活用するために、フィードバックグラフ注意畳み込みネットワーク(FB-GACN)という名前の新しい生物医学画像強化ネットワークを提案します。重要なイノベーションとして、ノードの特徴と見なす画像のサブ領域からグラフネットワークを構築し、類似性に応じてそれらを非ローカルにリンクすることで、画像のグローバル構造を検討します。提案されたモデルは、3つの主要な部分で構成されています。1)並列グラフの類似性ブランチとコンテンツブランチ。グラフの類似性ブランチは、低解像度の特徴空間の異なる画像サブ領域全体の類似性と対称性を利用することを目的とし、追加の事前分布を提供します。テクスチャブランチを強化するコンテンツブランチ。 2)フィードバック接続を処理することにより、高レベルの情報で低レベルの表現を洗練し、強力な高レベルのテクスチャ詳細を生成するための反復構造を備えたフィードバックメカニズム。 3)グラフの類似性ブランチから取得した推定されたサブ領域相関事前分布を使用して、アーチファクトを除去し、超解像画像を復元するための再構成。 2つの画像強調タスクでこの方法を評価します。i)拡散MRIのクロスプロトコル超解像度。 ii)FLAIR MR画像のアーチファクト除去。実験結果は、提案されたアルゴリズムが最先端の方法よりも優れていることを示しています。
Artifacts, blur and noise are the common distortions degrading MRI images during the acquisition process, and deep neural networks have been demonstrated to help in improving image quality. To well exploit global structural information and texture details, we propose a novel biomedical image enhancement network, named Feedback Graph Attention Convolutional Network (FB-GACN). As a key innovation, we consider the global structure of an image by building a graph network from image sub-regions that we consider to be node features, linking them non-locally according to their similarity. The proposed model consists of three main parts: 1) The parallel graph similarity branch and content branch, where the graph similarity branch aims at exploiting the similarity and symmetry across different image sub-regions in low-resolution feature space and provides additional priors for the content branch to enhance texture details. 2) A feedback mechanism with a recurrent structure to refine low-level representations with high-level information and generate powerful high-level texture details by handling the feedback connections. 3) A reconstruction to remove the artifacts and recover super-resolution images by using the estimated sub-region correlation priors obtained from the graph similarity branch. We evaluate our method on two image enhancement tasks: i) cross-protocol super resolution of diffusion MRI; ii) artifact removal of FLAIR MR images. Experimental results demonstrate that the proposed algorithm outperforms the state-of-the-art methods.
updated: Tue Apr 13 2021 19:25:12 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Jun 24 2020 16:46:05 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト