arXiv reaDer
SSAH:自己ペースのハードサンプル生成による半教師付き敵対ディープハッシング
SSAH: Semi-supervised Adversarial Deep Hashing with Self-paced Hard Sample Generation
 ディープハッシュ法は、大規模なWebメディア検索に効果的かつ効率的であることが証明されています。これらのデータ駆動型メソッドの成功は、十分なラベル付きデータの収集に大きく依存します。これは通常、実際のケースでは重大な制限です。この問題に対する現在のソリューションは、Generative Adversarial Network(GAN)を利用して、半教師付き学習のデータを増やしています。ただし、既存のGANベースの方法では、画像生成とハッシュ学習を2つの独立したプロセスとして扱い、生成の非効率性につながります。その上、ほとんどの作品は、ラベル付けされていないデータのセマンティック情報を活用できません。本論文では、統合されたフレームワークで上記の問題を解決するために、SSAHという名前の新しい半教師付き自己ペース敵対ハッシュ法を提案します。 SSAHメソッドは、敵対的なネットワーク(A-Net)とハッシュネットワーク(H-Net)で構成されます。生成画像の品質を向上させるために、まず、A-Netは、正確なハッシュコードの学習と競合するマルチスケールオクルージョンおよびマルチアングル回転変形を使用してハードサンプルを学習します。第二に、生成されたサンプルのハッシュの難易度を徐々に高めるために、新しい自己ペースのハード生成ポリシーを設計します。ラベルのないもののセマンティック情報を利用するために、半教師付きの一貫した損失を提案します。実験結果は、私たちの方法が、広く使用されているハッシュデータセットと詳細なデータセットの両方で最先端のモデルを大幅に改善できることを示しています。
Deep hashing methods have been proved to be effective and efficient for large-scale Web media search. The success of these data-driven methods largely depends on collecting sufficient labeled data, which is usually a crucial limitation in practical cases. The current solutions to this issue utilize Generative Adversarial Network (GAN) to augment data in semi-supervised learning. However, existing GAN-based methods treat image generations and hashing learning as two isolated processes, leading to generation ineffectiveness. Besides, most works fail to exploit the semantic information in unlabeled data. In this paper, we propose a novel Semi-supervised Self-pace Adversarial Hashing method, named SSAH to solve the above problems in a unified framework. The SSAH method consists of an adversarial network (A-Net) and a hashing network (H-Net). To improve the quality of generative images, first, the A-Net learns hard samples with multi-scale occlusions and multi-angle rotated deformations which compete against the learning of accurate hashing codes. Second, we design a novel self-paced hard generation policy to gradually increase the hashing difficulty of generated samples. To make use of the semantic information in unlabeled ones, we propose a semi-supervised consistent loss. The experimental results show that our method can significantly improve state-of-the-art models on both the widely-used hashing datasets and fine-grained datasets.
updated: Wed Nov 20 2019 03:45:34 GMT+0000 (UTC)
published: Wed Nov 20 2019 03:45:34 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト