arXiv reaDer
空中画像からの高さと意味のマルチタスク学習
Multi-Task Learning of Height and Semantics from Aerial Images
 航空写真または衛星画像は、土地利用マップまたは標高モデルを生成する可能性のある土地表面分析の優れたソースです。この調査では、セマンティクスとローカルの高さを一緒に学習するためのニューラルネットワークフレームワークを提示します。この共同マルチタスク学習が、2018 Data Fusion Contestの大規模なデータセットの各タスクにどのように役立つかを示します。さらに、フレームワークは、モデルの予測を評価できる不確実性マップも生成します。コードはhttps://github.com/marcelampc/mtl_aerial_imagesで入手できます。
Aerial or satellite imagery is a great source for land surface analysis, which might yield land use maps or elevation models. In this investigation, we present a neural network framework for learning semantics and local height together. We show how this joint multi-task learning benefits to each task on the large dataset of the 2018 Data Fusion Contest. Moreover, our framework also yields an uncertainty map which allows assessing the prediction of the model. Code is available at https://github.com/marcelampc/mtl_aerial_images .
updated: Mon Nov 18 2019 11:08:11 GMT+0000 (UTC)
published: Mon Nov 18 2019 11:08:11 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト