arXiv reaDer
VAE事前分布を使用した共同事後最大化による逆問題の解決
Solving Inverse Problems by Joint Posterior Maximization with a VAE Prior
 この論文では、前者が神経生成モデルである場合のイメージングにおける不適切な逆問題を解決する問題に取り組んでいます。具体的には、事前確率が1回訓練され、再訓練なしで多くの異なるログ凹劣化モデルに再利用できる分離ケースを検討します。この問題に対する以前のMAPベースのアプローチは、非常に非凸の最適化アルゴリズムにつながりますが、我々のアプローチは、代替の最適化アルゴリズムと計算を加速する確率的エンコーダーの使用に自然につながるジョイント(空間潜在)MAPを計算します。結果の手法は、自動エンコード事前分布を使用して共同事後最大化を実行するため、JPMAPと呼ばれます。提案された目的関数が両凸に非常に近いという理論的および実験的証拠を示します。実際、最適化スキームが静止点に収束することを保証するのに十分な弱い両凸特性を満たします。また、実験結果は、JPMAPアプローチによって得られたソリューションの品質が、スプリアス局所最適状態に陥る場合が多い他の非凸MAPアプローチと比べて高いことを示しています。
In this paper we address the problem of solving ill-posed inverse problems in imaging where the prior is a neural generative model. Specifically we consider the decoupled case where the prior is trained once and can be reused for many different log-concave degradation models without retraining. Whereas previous MAP-based approaches to this problem lead to highly non-convex optimization algorithms, our approach computes the joint (space-latent) MAP that naturally leads to alternate optimization algorithms and to the use of a stochastic encoder to accelerate computations. The resulting technique is called JPMAP because it performs Joint Posterior Maximization using an Autoencoding Prior. We show theoretical and experimental evidence that the proposed objective function is quite close to bi-convex. Indeed it satisfies a weak bi-convexity property which is sufficient to guarantee that our optimization scheme converges to a stationary point. Experimental results also show the higher quality of the solutions obtained by our JPMAP approach with respect to other non-convex MAP approaches which more often get stuck in spurious local optima.
updated: Thu Nov 14 2019 20:52:09 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Nov 14 2019 20:52:09 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト