arXiv reaDer
非接触喘息観察用の低コストのリアルタイム3Dイメージングシステム
A low-cost real-time 3D imaging system for contactless asthma observation
 喘息は、特に子供たちにとって、日々、非常に深刻な問題になっています。しかし、子供の呼吸運動は6歳に達すると変化する傾向があるため、この障害を検出することは非常に困難です。このため、呼吸状態を簡単に監視することは非常に困難になります。このホワイトペーパーでは、利用可能な現在の方法に代わる安価な非接触の代替手段を紹介します。これは、30Hzのフレームレートで呼吸している患者のビデオをキャプチャするステレオカメラを使用しています。さらに処理するには、キャプチャしたビデオを修正し、点群に変換する必要があります。共通の平面に関して出力を得るには、取得したポイントクラウドを位置合わせする必要があります。その後、それらは表面メッシュに変換されます。深さは、参照ポイントクラウド(最初のフレーム)からすべてのポイントクラウドを引くことによってさらに推定されます。ただし、出力データは、リアルタイムに関してプロットされた場合、非常にノイズの多いプロットを生成します。これは、呼吸信号の高速フーリエ変換を使用して信号周波数を決定することによりフィルタリングされます。このシステムは、深呼吸、浅呼吸、通常呼吸、および咳中の4つの異なる呼吸条件でテストされました。成功すると、混合呼吸(通常の呼吸と浅い呼吸の組み合わせ)でテストされ、最後に高価な3dMDシステムの出力と比較されました。比較の結果、ステレオカメラを使用すると、呼吸運動の観察で同様の感度に到達できることがわかりました。実験結果は、提案された方法が喘息患者と介護者のための低コストの家庭ベースの観察システムの開発に向けた主要なステップを提供することを示しています。
Asthma is becoming a very serious problem with every passing day, especially in children. However, it is very difficult to detect this disorder in them, since the breathing motion of children tends to change when they reach an age of 6. This, thus makes it very difficult to monitor their respiratory state easily. In this paper, we present a cheap non-contact alternative to the current methods that are available. This is using a stereo camera, that captures a video of the patient breathing at a frame rate of 30Hz. For further processing, the captured video has to be rectified and converted into a point cloud. The obtained point clouds need to be aligned in order to have the output with respect to a common plane. They are then converted into a surface mesh. The depth is further estimated by subtracting every point cloud from the reference point cloud (the first frame). The output data, however, when plotted with respect to real time produces a very noisy plot. This is filtered by determining the signal frequency by taking the Fast Fourier Transform of the breathing signal. The system was tested under 4 different breathing conditions: deep, shallow and normal breathing and while coughing. On its success, it was tested with mixed breathing (combination of normal and shallow breathing) and was lastly compared with the output of the expensive 3dMD system. The comparison showed that using the stereo camera, we can reach to similar sensitivity for respiratory motion observation. The experimental results show that, the proposed method provides a major step towards development of low-cost home-based observation systems for asthma patients and care-givers.
updated: Sun Nov 03 2019 12:54:02 GMT+0000 (UTC)
published: Sun Nov 03 2019 12:54:02 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト