arXiv reaDer
生成的敵対的ネットワークのピクセル単位の条件付け
Pixel-wise Conditioning of Generative Adversarial Networks
 生成的敵対ネットワーク(GAN)は、教師なしの画像生成に成功していることが証明されています。いくつかの作品は、生成を再構成したい画像の一部で条件付けすることにより、GANを画像修復に拡張しました。ただし、これらの方法には、画像ピクセルのごく一部しか事前にわかっていない設定に制限があります。このホワイトペーパーでは、提供されるピクセル値が非常に少ない場合に、ピクセル単位の条件を強制するために明示的な正則化用語を追加することにより、GANの調整の有効性を研究します。さらに、生成された画像の品質と条件の満足度に対するこの正則化用語の影響も調査します。 MNISTおよびFashionMNISTで実施された実験は、この正則化用語により、生成された画像の品質と制約の満足度の間のトレードオフを制御できることを示す証拠を示しています。
Generative Adversarial Networks (GANs) have proven successful for unsupervised image generation. Several works extended GANs to image inpainting by conditioning the generation with parts of the image one wants to reconstruct. However, these methods have limitations in settings where only a small subset of the image pixels is known beforehand. In this paper, we study the effectiveness of conditioning GANs by adding an explicit regularization term to enforce pixel-wise conditions when very few pixel values are provided. In addition, we also investigate the influence of this regularization term on the quality of the generated images and the satisfaction of the conditions. Conducted experiments on MNIST and FashionMNIST show evidence that this regularization term allows for controlling the trade-off between quality of the generated images and constraint satisfaction.
updated: Sat Nov 02 2019 10:13:39 GMT+0000 (UTC)
published: Sat Nov 02 2019 10:13:39 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト