arXiv reaDer
セグメンテーションが十分でない場合:長期ケアにおける食物摂取追跡のためのマルチセンサー深度洗練されたセマンティックセグメンテーションによる視覚ボリュームの不一致の修正
When Segmentation is Not Enough: Rectifying Visual-Volume Discordance Through Multisensor Depth-Refined Semantic Segmentation for Food Intake Tracking in Long-Term Care
栄養失調は、介護(LTC)の高齢者の54%に影響を与えるマルチドメインの問題です。 LTCでの栄養摂取量の監視は骨の折れる主観的なものであり、臨床的推論能力を制限します。自動画像ベースの食品推定における最近の進歩は、LTC設定ではまだ評価されていません。ここでは、食物摂取量を定量化するための完全自動イメージングシステムについて説明します。全体および変更されたテクスチャ食品の参照部分に対するプレートの残りの食品量を定量化するために、RGB-Dカメラを使用した深度精密化(EDFN-D)を備えた新しい深い畳み込みエンコーダ-デコーダ食品ネットワークを提案します。事前にラベル付けされたUNIMIB2016食品データセットでネットワークをトレーニングおよび検証し、2つの新しいLTCに触発されたプレートデータセット(689プレート画像、36のユニークな食品)でテストしました。 EDFN-Dは、IOUでカットされた深さを調整したグラフ(0.879対0.887)と同等のパフォーマンスを示し、摂取誤差は通常の50%をはるかに下回りました(平均摂取誤差パーセント:-4.2%)。視覚とボリュームの不一致が原因で標準のセグメンテーションメトリックがどのように不十分であるかを特定し、システムの信頼を促進するためにボリュームの不一致分析を含めます。このシステムは、透明性を向上させ、客観性、精度、精度を向上させて人間の評価者を近似し、半自動のメソッド時間要件を回避します。これは、リソースに制約のあるLTCおよび病院の設定で自動化された早期栄養失調検出の有用性を現在制限している欠点に対処するのに役立つ可能性があります。
Malnutrition is a multidomain problem affecting 54% of older adults in long-term care (LTC). Monitoring nutritional intake in LTC is laborious and subjective, limiting clinical inference capabilities. Recent advances in automatic image-based food estimation have not yet been evaluated in LTC settings. Here, we describe a fully automatic imaging system for quantifying food intake. We propose a novel deep convolutional encoder-decoder food network with depth-refinement (EDFN-D) using an RGB-D camera for quantifying a plate's remaining food volume relative to reference portions in whole and modified texture foods. We trained and validated the network on the pre-labelled UNIMIB2016 food dataset and tested on our two novel LTC-inspired plate datasets (689 plate images, 36 unique foods). EDFN-D performed comparably to depth-refined graph cut on IOU (0.879 vs. 0.887), with intake errors well below typical 50% (mean percent intake error: -4.2%). We identify how standard segmentation metrics are insufficient due to visual-volume discordance, and include volume disparity analysis to facilitate system trust. This system provides improved transparency, approximates human assessors with enhanced objectivity, accuracy, and precision while avoiding hefty semi-automatic method time requirements. This may help address short-comings currently limiting utility of automated early malnutrition detection in resource-constrained LTC and hospital settings.
updated: Wed Mar 31 2021 19:56:38 GMT+0000 (UTC)
published: Thu Oct 24 2019 15:50:20 GMT+0000 (UTC)
参考文献 (このサイトで利用可能なもの) / References (only if available on this site)
被参照文献 (このサイトで利用可能なものを新しい順に) / Citations (only if available on this site, in order of most recent)
Amazon.co.jpアソシエイト